カップルが長く付き合っていくためには、相性の良さが重要なことのひとつです。

男性は、いろんな場面で相手との相性の良さを判断しているよう。

今回は、男性がお互いの相性の良さを感じる瞬間を紹介します。

片思いの人も交際中の人も、ぜひ参考にしてくださいね。

この子となら!男性がお互いの相性の良さを感じるとき

手をつないだときにしっくりくる

「手をつないだときに、なんとなくしっくりこない子っているんだよね。手の大きさなのか、腕の長さなのか、温もりなのかはわかんないんだけど。

手がしっくり馴染むと肌のぬくもりも伝わるから、相性良いのかなって思う」(26歳男性/Webデザイナー)

手をつなぐという行為は、相手の温もりをダイレクトに感じることができるので、相性の良さをここで判断する男性もたくさんいます。

なんとなく手をつないでいるようで、実際は相性を判断しているのです。

ふとした瞬間に手をつなぐことはあるはずなので、手のケアは念入りにしておきましょう。

喜怒哀楽のツボが一緒である

「同じところで笑ったり怒ったりすることって、相性を判断するなかではすごく重要だと思う。そのツボがずれていると、「話しても分かってもらえないかも」とか思ってしまって、だんだん会話が減っていくんだよね。

元カノとは笑いのツボが一切合わなくて、面白いと思って話しても愛想笑いされるだけ。感覚が同じなのって大切なんだなって痛感したよ」(30歳男性/飲食店経営)

喜怒哀楽のツボが同じの二人は、お互いの気持ちを理解し合えることができます。

それが、男性にとって相性が良いと感じるのでしょう。

相手の気持ちがわかると、自然と彼のしてほしいことに気がつき、一緒にいることが当たり前のような関係になれるはずです。

食の好みがよく似ている

食の好みがよく似ている

「卵焼きの味付けとか、酢豚にパイナップルはありかなしかとか、食の好みってけっこう分かれるよね。育った家庭の味もあると思うけど、そういう好みがピッタリ一致した子は相性が良いって思うよ」(29歳男性/システムエンジニア)

相性の良さに食べ物の好みを挙げる人は、決して珍しくありません。

なかでも、男性は好きな物が同じというだけでなく、育った家庭の味が似ているとさらに相性が良いと感じるようです。

どんな味付けで育ったのかさりげなく聞いて、その味を習得するのもひとつの方法かもしれませんね。

相性が良い二人になろう

男性が「この人と相性が良い」と判断するポイントは、天性の部分で感じることが多いようです。

初めは相性の良さをあまり感じなくても、一緒にいる時間が長くなれば、次第に相性が良いと感じることもあります。

彼との相性アップのためには、あなたの努力も大切ですよ。

(愛カツ編集部)