あなたは彼氏との会話で、どんなことに気をつけていますか?

気に障らないようにと気を遣い過ぎている場合は、会話そのものに疲れてしまうこともあるかもしれませんね。

逆に、何気なくポロっと言ってしまった一言が、男性にとってはマイナスなNG発言だった……!なんてことも。

そこで今回は、つい言ってしまいがちな「彼氏が嫌がるNG発言」についてご紹介していきたいと思います。

彼氏がガッカリ…気をつけるべきNG発言3つ

疲れた

あなたは将来、どういった家庭を築きたいでしょうか。

毎日笑いに溢れて楽しく、ときに励まし合い、実りの多い暮らしをしたいと思う人が多いはず。

一方、あなたは男性に「疲れた……」と言い過ぎてはいないか確認してみましょう。

たまに言うくらいなら大丈夫ですが、毎日のように愚痴や弱音をこぼしていては、あなたの弱さが露呈してしまっています。

「結婚していつか子どもがほしいと思ってます。
だからこそ、独身の今よりもこれからもっと忙しくなるし、大変になることが増えると思う。
今の段階でいろいろ辛いとか、しんどいとか言ってたら無理かなって思います」(33歳男性/販売職)

たまに見せる弱さだからこそ、男性はキュンとするようです。

いつも弱音を吐いていては、頼れないと思われてしまうので要注意!

なんでもいいよ

彼のしたいようにしてほしい!と思うあまり、自分の希望や意見を伝えることを控えてしまうこともありますよね。

なんでもいいいよ、と彼を気遣って言っているつもりでも、言われた男性側からしてみれば退屈極まりない発言なのです。

「なんでもいいよって言われると、なんか疲れます。丸投げですよね。
自分でなにかしたいとか、意見を言ってもらったほうがよっぽどいいです」(30歳男性/広報)

彼のために…と言っているつもりが、彼の機嫌を損ねることになっているとは…!

「なんでもいいって言ったくせに、いざこちらが思うようにやったら文句言ってくる。
もうどうしたらいいかわからなくなるからやめてもらいたい」(25歳男性/スポーツインストラクター)

女性にありがちなのが、「いいよ~」と言ったものの、不満を後からこぼしてしまうということです。

これが男性にとってはまさに爆弾。

関係そのものを「もういいかな……」と考えてしまうようですので気を付けましょう。

わたしのことわかってる?

わたしのことわかってる?

愛されているのかどうか、気になってしまうことは誰しもあると思います。

でも、それを口に出して彼にしつこく聞いてしまっているのなら要注意。

実はこのカラミは、男性が最もイヤだと感じる言葉の一つのようです。絶対に言うのは避けるべきでしょう。

「好きならこうやってくれるよね?とか、わたしのことちゃんとわかってるの?とかね。

ケンカするたびにヒステリックに言われるけど、ぶっちゃけ違う人間だし100%わかっているわけではない。
わかろうとはしているけど、それはお互いに歩み寄るべきことだと思う」(28歳男性/記者)

相手のことを理解したいという気持ちはもちろんあっても、それを逐一確認されると「全部が全部、わかってはいねーよ!」なんて気持ちになってしまうようです。

少し気をつけてみて

つい言ってしまいがちなこの3つの発言、身に覚えがある人も多いのでは。

よく言ってしまっているのなら少し発言に気をつけてみて。

彼との時間をより楽しく、2人の関係をより良いものにしていきましょう!

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)