何でも自分の思い通りになる女性よりも、思い通りにならない部分も多少はあった方が、夢中になる男性は多いもの。

そう一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

程よく焦らして上手に男心をくすぐることができると、あなたへの思いもきっと強くなっていくことでしょう。

そこで今回は、男心を上手にくすぐる「焦らしテクニック」を紹介します。

あなたのトリコ!男心を上手にくすぐる「焦らしテクニック」

OKの返事をすぐにしない

男性からデートや食事のお誘いなどをされた場合、すぐにOKの返事をせずに、一旦保留してみるというのもひとつの手。

「その日、打ち合わせが入るかもしれないので、ちょっと待ってもらえますか」と、申し訳なさそうに伝えるのがコツです。

「行けないかもしれない」という気持ちから一転してOKの返事がもらえたら、男性の喜びも倍増するはず。

ただ、何度もこの方法を使うと「面倒な女」だと思われる確率も高いので、たまに焦らしてみるという程度にしておく方がいいですよ。

長話をしない

好きな男性とは、いつまでも話していたいという気持ちもあると思います。

LINEでもついつい長話をしてしまうことも多いのではないでしょうか。

でも、無駄にダラダラと話したりせず、短めな会話で終わらせた方が、「もっと話したいな」と男性に思ってもらえるのです。

また、そもそもLINEや電話で長時間話すのがあまり好きではない男性は多いので、程よいところで終わった方が好感も持たれるもの。

程よい焦らしと好感を与えられたら、それだけで男性の心はかなり揺さぶれることでしょう。

早めに切り上げる

デートで長い時間ずっと一緒にいようとするのではなく、ときにはあえて早めに切り上げる。

そんなことをされたら、男性の中には多少なりとも「物足りなさ」が残るはず。

でもそれこそが、男性を夢中にさせるコツでもあります。

まだ盛り上がりの最高潮にある段階でデートが終わってしまうと、「早くまた会いたい」という気持ちにもなるものです。

毎回長い時間を過ごしていたらそんな思いは薄れていきやすいので、刺激を与えるためにも有効と言えるでしょう。

たまには誘いを断る

誘えばいつでも来る女性だと思われると、どんどんありがたみも薄れていってしまいます。

たまには誘いを断った方が、男心に火をつけることになり、上手に追いかけさせることもできるでしょう。

みんなでの集まりや飲み会はたまに断るけれど、ふたりきりの誘いは断らなかったりすると、男性はちょっとドキッともするかも。

「ふたりきりの方がいいのかな?」なんて思わせることができたら、かなりあなたのことを意識するようにもなるはずですよ。

バランスには気をつけて

焦らされるとその分余計に想いは募るので、あなたへの意識も強くなっていくでしょう。

ただ、焦らしすぎると逆効果になるので、そのバランスはしっかりと取らないとダメですよ。 

今回のポイントを参考に、できるところから上手に取り入れてみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)