「この子は脈なしだな」と感じる女性に対しては、男性もなかなか好意は持てないはず。

好きな男性にそんな風に勘違いされてしまったら、もちろん恋愛へも発展させられなくなってしまいますよね。

そこで今回は、本当は好きなのに、男性に「脈なし」だと思われてしまうNG行動を紹介します。

好きなのに!好きな男性に「脈なし」だと勘違いされるNG行動

視線を合わせない

好きな男性を前にしたら、緊張と恥ずかしさでまともに目を見ることなんてできなくなるかもしれません。

でも、自分が話しているときに、女性が視線を全く合わせてくれなかったら、男性はかなりショックを受けるはず。

「自分に興味がないのかな?」「話がつまらないのかな?」「自分のことが嫌いなのかな?」などと思われてしまう可能性も高いです。

ジッと見つめる必要はないので、ちゃんと聞いていることを示す意味でも、こまめに視線を合わせてリアクションを取ることは大事ですよ。

プライベートの話をしない

プライベートの部分や素の部分をあまり見せてくれない人には、なんとなく壁を感じるものですよね。

「深入りはしてこないで」と、遠回しに敬遠されているような気分になるでしょう。

たとえば、職場の男性との会話であれば、やはり仕事の話をするのが無難かもしれません。

ただ、それだけでは職場の同僚以上の関係には発展しにくいので、最近の出来事や趣味の話、恋愛話などもしてみると、心を開いてくれていると感じて、きっと男性も色々と話してくれるようになりますよ。

他人行儀すぎる

失礼がないように、嫌われないようにと思いすぎるあまり、全てがどこか他人行儀で社交辞令っぽい対応になってしまう。

これは好きな男性に対して、よく起こりがちなことでしょう。

いつまでも堅苦しい話し方や敬語が抜けなかったり、当たり障りのないことしか言わなかったりする女性には、男性は距離を感じるはず。

多少は砕けた感じや踏み込んだ言動も見せたほうが、親近感や親密さはグンと増していきますよ。

他の男性の話が多い

女性に他の男性の話ばかりをされたら、単純に男性はあまりいい気がしないでしょう。

そのうえ、「自分には興味がないんだろうな」と、脈なしの印象まで抱かせてしまうことになる可能性も大。

会話を盛り上げるために、共通の知り合いの話題を持ち出すこともあるでしょうが、好きな男性の前では他の男性の話をしすぎないよう注意が必要です。

とくに、他の男性をベタ褒めしたりすると、「その男のことが好きなんだな」と誤解を生むことにもなりかねませんよ。

距離を縮めるには…

やはりどこか余所余所しさや壁を感じる女性には、「脈なしなんだな」と男性は感じるようです。

いくら緊張するからといって、ずっと堅苦しい感じで接していると、距離は一向に縮まりませんよ。

思い切って、目を見ながら会話してみる、砕けた感じにしてみる、など簡単に改善できることからやってみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)