「あざとさ」は女性の武器であり、同時に女性から嫌われることもあります。

とはいえ、男性に対して効果的な行動になることは紛れもない事実。

年下男性が、年上彼女のあざとさにメロメロになるケースはたくさんあります。

今回は、「あざといけど刺さる年上彼女の言動」を紹介します。

「あざといけど刺さる」年上彼女の言動4つ

「えー、ダメ?」って聞いてくる

「彼女の『ハグして』とか『キスして』って言葉に対して、からかうために『どうしよっかな』って答えることがあるんですよ。

すると彼女は、『えー、ダメ?』『そっか、意地悪だなー』と返してくるので、いつも『ダメじゃないです』ってなって負けるんです」(30歳男性/Webデザイナー)

男性があまのじゃくな言動をしたとき、つい「え、なんで?」と素でキツく返してしまう女性は珍しくありません。

ただ、それでは「そんなつもりじゃ」と気まずいムードになることも。

このケースのような「ダメなわけないじゃん」ということにも、「ちょっとムリかな」なお願いごとにも、「えー、ダメ?」攻撃は刺さりますよ。

突然ウインクをしてくる

「初デートで食事に行ったとき、最初は緊張してましたが次第に緊張がほぐれてきて、2人ともテーブルの上に乗り出す感じで話をしてたんです。

彼女が頬づえをついて僕の目をじっと見てくるから、なんだろうと思ったらいきなりウインクして笑ったんです。

なんかわからないけどめちゃくちゃドキドキしましたね」(25歳男性/営業)

ウインクに特別な意味はないからこそ、逆に相手の印象に残ったという意見です。

かなり小悪魔的なテクニックですが、試してみる価値ありですよ。

方言を使う

「地方出身の彼女は、東京暮らしが長いこともあって、普段は完全に標準語で話してます。

でも、つないだ手を一瞬離したり、一緒に寝てて寝返りを打ったときに『離れんで(離れないで)』って方言が出るんです。めっちゃ可愛いしすぐそばに戻りたくなるし、ドキドキします」(21歳男性/大学生)

生まれたときから都民の人にとっては「ズルい!」と感じるテクですが、こんな「突然の方言」にグッとくる男性はたくさんいます。

普段からあざとい方言使いをしない女性がぽろっとこぼす方言に、年下男性は「素」を感じてグッとくるようです。

動きを目で追ってくる

「年上でも彼女がかわいいと思うことのひとつに、『僕の話を真剣に聞いてる』っていうのがあるんです。

僕が話してるときの身振り手振りを彼女が目で追ってくるのは、すごく真剣に耳を傾けてもらってる気がして、気分がいい」(26歳男性/広報)

年上女性はいいけど、偉そうな女はイヤ……。

そんな風に考える男性も、自分の話に聞き入っているのがわかる仕草には好感を抱きます。

「あなたのこと見てるよ」と思わせることがポイントです。

余裕のある年上女性だからこそ

普段は余裕がありそうな年上女性だからこそ、あざとさを見せるのはとても効果的です。

相手を夢中にさせるあざとさを発揮してくださいね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

●思わず胸キュン!男性が年上女性を「かわいい」と感じる言動5選