合コンで気になる人と連絡先を交換したのに、その後は一切の連絡がない。

じつはこれ、男性から聞かれた質問に対して、あなたが正解を言わなかったことが原因なんです。

「ウソも方便」という言葉があるように、恋愛において全て正直に答える必要はありません。

今回は、出会いの場で聞かれる質問と答え方について解説します。

うまく切り返そう!出会いの場で聞かれる質問と答え方

どれぐらい彼氏いないの?

気になる相手は、あなたに彼氏がいないことを確認したら、次は彼氏がいない期間を尋ねてくるはず。

1年以内であれば、正直にそのまま答えるようにしましょう。

一方で、長期にわたって彼氏がいない人の場合、たとえ3年くらいいないとしても、「1年くらい」って言うのが賢いです。

正直に「3年以上いない」と言ってしまうと、「この人、何か性格の問題があるのかな?」とよからぬ疑いや不信感を抱かれてしまいます。

今は彼氏いるの?

出会いを求めている合コンやパーティーなどの場であれば、仮に彼氏がいたとしても「いないよ」と言うのが正解です。

「いるよ」と言ってしまったら、男性からすると「なんでここにいるの?」となりますよね。

相手に少しでも可能性を抱かせる答えを心掛けましょう。

なんで元カレと別れたの?

なんで元カレと別れたの?

彼氏がいない場合、直近の別れた理由を聞いてくる男性がいます。

こんなときは「色々あって」と濁すくらいが正解です。

「色々あって」と濁せば、それ以上追求してくる人はほとんどいません。

一方で、「浮気された」「連絡が途切れた」といった自分に原因がありそうな理由は、言わないほうが賢明です。

男性は別れた理由を聞くことで、あなたと長く付き合えるかどうかを判断しています。

これまで何人と付き合ってきたの?

この質問は、あなたの男性経験を聞くための質問です。

少なくても多くても、相手に対する印象は良くならないので、「5人くらい」で濁しておきましょう。

女性によっては、男女交際の経験がない人もいれば、反対に100人以上という人もいるかもしれません。

とはいえ、どちらも正しく答えると相手に引かれます。

それよりも一番いけないのは、「それって付き合った人だよね?」と念押ししないこと。

これを聞いた時点で、相手は「ちょっと面倒臭い子」と思うかもしれませんよ。

ときには嘘も必要になる

自分が有利になることができ、かつバレない嘘であれば積極的についてしまいましょう。

全てを正直に話す必要性は、まったくありませんよ。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)