誰にでも癖はあるもの。

なかでも「口癖」は、その人が無意識に思っていることや感じていることが積み重なったものが表れやすい部分です。

そこで今回は、気になる男性の口癖から、彼の「恋愛傾向」を読み解いていきましょう。

無意識に発する言葉の内容によって、彼が好きなタイプや、どのような接点を持ちたいのか、見抜くすべをお伝えします。

口癖から見抜く!気になる彼の「恋愛傾向」は?

「ホント?」「わりと」

【好奇心旺盛で、ノリを大切にする】

この口癖の男性はフットワークが軽く、「好奇心の塊」のような性格と言えます。

同じところにじっとしていられず、いつもなにか刺激を求めて、様々な場所や女性との出会いを求めているでしょう。

話術にも長けていて、「人たらし」の一面も持っているようです。

一方で、やや飽きっぽいところがあり、その場のノリで生きているところもありそう。

一度始めたことを最後までやり遂げるように手伝ってあげれば、驚くほど感謝して、恋に落ちてしまうかも。

「たしかに」「なるほど」

【共感することで相手の気を引く】

この口癖の男性は、「他人に共感する能力に優れている」と言えます。

他人事でも、まるで自分のことのように感じられる力があるため、相手の気持ちを推し量ってあたたかく接することができるでしょう。

そのため、周りの女性からも親しまれて、頼りにされることが多いかも。彼も、優しく包み込むように応えるはず。

ただ、不誠実な女性に対しては徹底的に厳しく、弱者への配慮が足りない人には怒りさえ覚えるところも。

彼の前では、ウソをつかないように気をつけていきましょう。

「まあ」「要するに」

「まあ」「要するに」

【礼儀正しく、気品あるフェミニスト】

この口癖の男性はいつも控えめで、礼儀正しく気品あふれる性格。

温厚で穏やかなので、安心して付き合える存在だと言えます。

人当たりが良く、着実に物事を進めていける能力も十分です。

ただ、少し人前に出たり表立って周囲を引っ張っていったりするのは、避けたがるところがあるでしょう。

どちらかというとバックアップにまわることを好むため、親しい女性を応援する方が性に合っているみたいです。

そんな彼は、ちょっと理屈っぽいけど優しいフェミニストとも言えますね。

「忙しい」「じゃあ○○」

【負けず嫌いな、心優しいツンデレ】

この口癖の男性は、少しツンとしたところと、好きな人には甘えたがるデレっとしたところをあわせ持っているタイプでしょう。

本当は心優しく繊細な神経の持ち主なのに、負けず嫌いな性格からか、恋をするとつい喜怒哀楽を強めに表現します。

感情の起伏が激しく、コロコロ気分が変わりやすいところがありますが、自分が本当に好きな相手を見つけると、すごいパワーを発揮するはず。

恋をすると、大きく化けるタイプなのでしょう。

口癖から見抜こう!

口癖には、その人の本性がよく表れると言えます。

なにか不満があれば、「でも」「だけど」と逆接の言葉が増え、仕切りたがりなタイプなら「つまり」「要するに」といった「まとめ」のフレーズが多くなる……といったように、隠しているホンネがついポロリと出てしまうものなのです。

だからこそ、好きな男性の口癖は、よくよく聞いておきましょう。

もちろん、あなた自身も自分の口癖を誰かに聞かれているかもしれないということを忘れずに。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

●星座で分かる性格診断…あなたの心に潜む「アクマとテンシ」って?