女性たるもの、いつでも気になる男性からは即レスされたいもの。

既読スルーなんてされたら、ショックですよね。

そこで今回は、「彼が夢中になり、つい即レスしたくなるLINE」についてレクチャーします。

即レスしたくなる!彼が「夢中になってしまうLINE」とは?

1、趣味の話

夢中になって楽しめるといえば、「趣味の話」が盛り上がるという意見が多くありました。

趣味といっても、特別なことではありません。

同じテレビ番組が好きだったり、気になるユーチューバーが一緒だったり……というような気軽な内容でも、十分楽しく、続くLINEになるといいます。

「好きなゲーム実況者の動画が出たよ~とか、同時に見てココがめちゃウケた!みたいな会話で、LINEをよく続けてますよ。一緒に楽しめている感じで楽しいし、同じ時間を過ごせている感もあるから心地良いです」(25歳男性/営業職)

趣味の話はストレスなく自然と続けられる、とのこと!

どうでも良い話こそ、案外夢中になって続くのですね。

2、出会ったころの話

ただの思い出話は退屈そうですが、2人が出会った時期の話をすると、恥ずかしい気持ちやその当時のドキドキ感がこみ上げてくるんだとか!

「付き合い始めたころの話をすると、盛り上がりますね!

あのときのデートで転んだよねとか、もっと美味しいお店でのデートが良かったよねとか、本音をこぼしてもらうのがめっちゃ楽しい。それに、次会うときが楽しみになるのでつい返信しちゃいます」(29歳男性/経理)

2人だけの過去を共有し、ドキドキする思い出話で盛り上がるLINEも◎

今だからこそ言えることがあると、ますます楽しめます。

3、ノリが良く、楽しいLINE

3、ノリが良く、楽しいLINE

真剣な相談をすれば、即レスがもらえる!と思っている方も少なくないはず。

でも、男性的には重い話を毎度毎度されるよりも、ノリが良く楽しいLINEのほうが日常的にやりやすいんだとか。

「負担感がなく、進んで返事がしたくなるといえば、やっぱりノリが良くって楽しいLINEですね。愚痴とか相談は疲れるし、言葉を選んで返信する必要があるから、絶対に返事はするけど続かせるのは大変です」(32歳男性/事務)

また、ノリの良いLINEでは元気がもらえたり癒やされたりするという声も。

いずれにせよ、重苦しい内容のLINEよりも、楽しく気軽に続けられる話のほうが男性的には負担感がなく、夢中になって会話ができるようです。

負担をかけない気軽なやりとりを!

単純なようで意外なものも多かったLINEのネタ。

返事がほしいなら、相手に「返事をしなきゃいけない」という負担感を与えず、楽しみながら会話が続けられるようなネタにすることを心がけましょう。

彼とのLINEの話題に迷ったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)

【実際の意見】思わず即レスしたくなったLINEって?