男性とLINEを交換しても数回のやりとりでフェードアウトされてしまう……。

そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

初対面の人とは第一印象で「合う」or「合わない」を感じとることが多いと思います。

LINEも第一印象が大事です。この子とは仲良くなれそう!と感じさせるLINEのやりとりのコツをご紹介します。

第一印象が大事!男性が仲良くなれそうと感じるLINE術

彼の返信ペースに合わせる

「常にスマホを見ているわけではないので、自分と同じくらいのペースで返信してくれる子が好きです。
即レスの子は急かしてくるような気がしてプレッシャーを感じます。

逆に、何日も返信がないと『何かあったのかな?』と思っちゃう」(26歳男性/SE)

自分はゆっくりLINEしたいのに、いつでも即レスでガツガツ返信がくる……。

これでは、どんなにいいことが書いてあっても「ガツガツくるなあ、めんどくさい」と思われてしまうかも。

仕事終わりにしか連絡がこない彼なら、自分も昼間は送らないなど彼の返信スタイルに合わせましょう。

彼が即レスなら自分も早めに送っても良いかもしれません。

気楽に返せる短文で!

「最初のうちは、文章が短いLINEがいいな。短いとすぐ読めるしサクッと返信できるから気楽。
あんまり長いと読むのも疲れるし、返すこともめんどくさくなる」(27歳男性/公務員)

同じテンションで返してほしいわけではないと思うこともあると思います。

ただ、LINEに限らず「女子はこういう風にしてあげないとダメなんでしょ?」とプレッシャーを感じる男性は多いようです。

ガッツリ語るのは、少し仲良くなってからにしましょう。

最初から長文で「めんどくさそう」「要求高そう」と思わせてしまうのは損ですよ。

絵文字やスタンプの使いすぎに注意!

「僕はほとんど絵文字を使わないので、1行に2個以上絵文字がある子とはなんか合わない気がする。

今の彼女は用件のみ・絵文字なし・スタンプもほぼないけど、自分もそうだからめちゃくちゃ楽。
冷たいとか、かわいくないなんて思いませんよ」(28歳男性/商社)

文章だけではそっけないとか、脈なしと思われそうだからと絵文字を入れる人も多いのではないでしょうか。

しかし、男性はあまり気にしていないようです。逆に、自分もそうしないと冷たいと思われる?と気を回すほうが面倒だとか。

彼の文体に合わせると、彼も気楽に返事ができて連絡続きやすくなるかもしれませんね。

距離感をあわせる

「仲良くなろうと思って親しみやすくタメ口で送ったLINEに、丁寧な敬語で返事が来るとがっかりしますね。
そういうときは同じような軽いノリで返してくれる方がうれしい」(30歳男性/営業)

礼儀正しく思われたくても、彼の出すフレンドリーな雰囲気に水をかける対応は避けたほうがいいでしょう。

せっかくの機会に距離をつくってしまうのはもったいないですよね。

逆に、彼が敬語なのにタメ口で返してしまうのも図々しい女と思われることも。

彼がとる距離感をうまく掴んで返事を送りましょう。

彼のスタイルに合わせることが大事

どのケースにも共通するのが「自分のスタイルと同じ子」。

文字しかないLINEでは、相手が何を考えているかよくわからないもの。

自分と全然違うスタイルの人とは、探りながらのやりとりになるのが面倒なようです。

気持ちが盛り上がる前に面倒くさいと思われると、恋の芽がつぶれてしまいます。

「何を送るか」よりも「彼のスタイルを合わせる」ことに気を配っていきましょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)