男性のウソに傷付いたこと、あなたにもあるのではないでしょうか。

「恋は盲目」とも言いますし、好きになった相手のことは、ちょっと怪しいな……?と思っても、なかなか本気で疑うことはないのかもしれません。

冷静になってみればわかりやすい「ウソをついているサイン」を見逃すこともあったのかも。

ただ、そんなウソに振り回されてばかりでは、なかなか幸せにはなれないでしょう。

そこで今回は、「ウソつき男」の見分け方についてお伝えします。

1346加工

女性の喜ぶツボを知り過ぎている

いつも女性の喜ぶツボを上手に押さえてくる……こんな男性は、ウソつき男の可能性があります。

「こう言ったらきっと女が喜ぶだろうなぁ……」と考えているからこそ、いつでも「嬉しい言葉」をかけてくれるのかもしれません。

聞くところによると、人によっては「お決まりの定型文」を用意している場合もあるようです。

本当に好きな人には簡単に「好き」とは言えないもの……。

あまりにも軽々しく愛の言葉を口にするような男性には、警戒したほう無難ですよ。

会話中に目線が下にいく

一説によると、女性がウソをつくときは、相手の目をいつもよりもしっかりと見る、という傾向があるそうです。

では、男性の場合はどうでしょうか?

……なんと女性とは真逆で、ウソをついているときは目線が下に行きがちになるのだそうです。内心(バレないかな……)と不安になっているのかもしれませんね。

真っ直ぐに目を見て話せない男性には、気を付けたほうがいいでしょう。

ボディータッチがやたらと多い

ボディータッチがやたらと多い

やたらとボディータッチの多い男性にも、注意が必要です。

とくに、お酒の席などでは顕著に表れる傾向ですが……あまりにも多く不必要なボディタッチをしてくる場合、体目当てだと考えたほうがいいでしょう。

自分を良く見せたい、相手に好かれたい、と思ったら、そんなことは絶対にしないはずです。

「ボディータッチはあくまでもスキンシップのひとつだから……」なんて言い訳が聞こえてきそう……。

誠実な男性と付き合おう!

ウソつき男なんかに費やしている時間はありません。

そのためにも、ウソつき男性の特徴を理解して早めに距離を置く必要があります。

男のウソを見抜いて誠実な男性と付き合いましょう!

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)