誰かのことを一途に思う片思いって、とても素敵なことでしょう。

しかし自分の気持ちと相手の気持ちが、必ずしも同じとは限らないもの。時には、恋を諦めることも必要です。

自分の気持ちを整理するのは難しいかもしれませんが、引き際を見極めることも大事なはず。

今回は「片思いを諦めるべき5つのタイミング」を紹介します。

引き際を見極めよう。片思いを諦めるべき5つのタイミング

片思いするのに疲れたとき

相手のことを思って喜んでもらうことばかり考えて、自分の時間を捨ててまで相手に合わせようとするのが片思いの特徴です。

期待が持てるうちはよいのですが、先の見えない結末にいつまでもフル回転で時間を費やすのは精神的にも体力的にもつらいもの。

ふとしたときに「疲れたな……」と思うことが多くなったら、片思いに終止符を打つべきかもしれません。

空回り状態がつづくとき

せっかく取りつけた約束をドタキャンされたり、そもそも約束すらさせてもらえなかったり、アプローチが実らないのは、あなたに興味がない可能性があります。

自分ならどうでしょうか?

よほどのことがない限り、好きな人がいつも優先なはずです。

いつまで経っても空振り状態がつづくなら、きっぱりと諦めて違う人に目を向けてみましょう。

彼から恋愛相談されたとき

恋愛相談を持ちかけられるのは、恋愛対象としては見てもらえてない証拠。

脈なしだと思ったほうがよいかもしれません。

長い期間ずっと片思いしていたのに、恋愛相談をされてしまうなんて悲しい気持ちが強くなるでしょう。

ですが話してくれるということは、少なくともよい友だちだと相手は思っているはず。きっとこれから先も恋人の話をしてくるでしょう。

そんな相手をあなたは思いつづけることができますか?よく考えてみてくださいね。

彼から異性のにおいを感じたとき

彼から異性のにおいを感じたとき

いままで興味を示さなかったSNSを頻繁に見始めたり、服のセンスがいままでと違うときは、気になる異性の存在があることが多いようです。

さらに連絡の返信が遅かったりなかったり、誘いも断りがちになるでしょう。

気になる異性がいるときは、やはりその相手に集中したいと思って当然なのかもしれません。

片思いの相手に誰がよい人ができたとき、それを見守ることができないのなら、いさぎよく離れることをオススメします。

人生を改めて考えるとき

人生は、就職、結婚、出産とさまざまな分岐点を迎えます。

とくに女性には出産適齢期があり、いつまでもふらふらしていられないもの。

ここが男性とは違い、恋愛によりリアルを求める理由です。

片思いをつづけて告白もアプローチもたくさんしたけれども、相手がまったく振り向いてくれないとき。

スパッと踏ん切りをつけることが自分のためはもちろん、相手のためになることもあります。

人生を考えるときが、片思いのベストな引き際です。

彼から引くタイミングを考えて

片思い中の一途さは素晴らしいものです。

だとしても、引き際を知ることは必要かもしれません。

いつまでも実らない片思いが、恋ではなくて執着になってしまう前に、彼から引くタイミングを考えてみましょう。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)