気になる彼とだんだん仲良くなってくると、呼び名を変えることも考えはじめるのではないでしょうか?

たとえば名字呼びから下の名前+くん付けにすることで、一気に距離が縮まったりしますよね。

でもタイミングを間違えると、かえって距離が生まれてしまうことも……。

そこで今回は、気になる彼の呼び方を変えるベストタイミングをご紹介します。

なんて呼ぶ?気になる彼の呼び方を変えるベストタイミングとは

急に変えるのは不自然

まだ相手と会って間もないのに、一気に会話やメールなどで呼び名を変えて距離を縮めてくる人っていませんか?

これは受ける身としては、違和感もあって、馴れ馴れしいって思ってしまいますよね?

コミュニケーションが得意な人は、肌感で判断するので、呼び方を変えるタイミングを間違えない。

でもたいていの人は、意外とドキドキしながら、呼び方を変えてるんじゃないでしょうか?

親密度を見計らって徐々に変える

パーティーや合コン、いわば初対面のときは、きちんとした大人ならまずは相手のことを「〇〇さん」って呼ぶのが普通だと思います。

そこから段々と会う回数が増え、親密になってくるといつの間にか「〇〇くん」になるのが自然な流れではないでしょうか?

もしくは、まだ彼氏彼女じゃないのに下の名前で呼び捨てなんていうことも稀にあります。

皆さんも、過去に異性と仲良くなった経験を思い返しても、どのタイミングで呼び方が変わったかなんて覚えていないですよね?

おそらくそのときの相手とのシチュエーションや、会話の反応を見ながら呼び方を変えたのだと思います。

相手に直接聞いてみる

それでは、誰でもできる上手な距離のつめ方を、教えましょう。

それはとても簡単で、相手に聞いてみるということです。

具体的に、どんな感じで聞けばいいのでしょうか。

「〇〇さんて呼ぶのも、堅苦しいから〇〇くんて今後は呼んでもいい?もしくは、学生時代のあだ名とかあった?」

こんな感じがいいでしょう。

過去のあだ名を聞くことで、昔話の話題も広がるし、一石二鳥ですよね。

その後、会話の流れとしては、自分はなんて呼ばれたのってキャッチボールもできるはずです。

意識してもらえるように相手に聞いてみて

意外と簡単ですよね。

なにごともわからなければ、相手に聞く!

これが鉄板ですね。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)