男性から本命の女性としてはなかなか見てもらえず、「2番目の女」にされることが多い女性。

じつはそういった女性は、都合のいい相手として見られやすい言動や態度を取ってしまっていることが多いのだとか。

そこで今回は、「都合のいい女」にされる理由をご紹介します。

彼の本命になれない…いつも「都合のいい女」にされる理由は?

彼にまったく干渉しないから

束縛の激しい女性は、確実に男性からは煙たがられます。

でもだからといって、まったく束縛をしなかったり、詮索や干渉も一切しないままでいると、やりたい放題されてしまったりもするかも。

男性からすると、自分の思い通りにできて、ものすごく都合のいい女性でもあるので、本命相手としては見てもらいにくいでしょう。

やり過ぎは絶対にNGですが、多少は干渉する一面も見せないと、振り回されることになるだけですよ。

好意を出しすぎるから

男性は恋愛に関しては鈍感な人が多いので、アピールをしないと思いに気づいてもらえない可能性も高いです。

とはいえ、過度に「好きアピール」をしまくるのは危険も伴います。

「あの子は俺にベタ惚れだな」と感じると、「キープや2番目にしても大丈夫だろう」という考えになりがち。

さりげなく好意を見せつつも、上手に男性に追いかけさせるようにすることが、男心をつかむ大きなポイントですよ。

相手の都合に合わせるから

好きな男性から誘われたら、当然すごくうれしいでしょうから、もちろん断りはしないでしょう。

でも、いつでもどこにでも呼び出されたらすぐに飛んで行くと、男性からいいように利用されてしまうようになるかも。

相手の都合に合わせてばかりいると、「この子は俺の言いなりだな」なんて思われるだけです。

無理なときには無理だとちゃんと断るべきだし、なんでもかんでも思い通りにはならない女性の方が、男性も気になるものですよ。

尽くしまくるから

男性は自分に尽くしてくれる女性が好きですし、彼女にしたい女性の条件のひとつでもあります。

ただ、あまりにも尽くしすぎてしまうと、逆に鬱陶しく思われたりもするし、「俺のためならなんでもする」と調子に乗らせる結果になったりもします。

好きだからこそ、なんでもやってあげたくなったりもするでしょうが、それを本当に実行してしまうと、「2番目の女」にされる可能性も高くなるかも。

あくまでもさりげなく尽くしたりフォローしたりすることができると、男性としても手放せない大事な存在になるはずですよ。

嫌われる勇気を持つ

男性に「都合のいい相手」として見られてしまうと、なかなか本命の女性になることはできません。

「嫌われたくない」という一心で男性の思い通りになりすぎると、「2番目の女」からは抜け出せなくなりますよ。 

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

●どうしてなの?好きな男性の「本命になれない」原因4つ