初デートは、男性も緊張するでしょうし、女性に楽しんでもらえるか不安だと思います。

だからこそ、男性が喜ぶような言葉をかけられれば安心してもらえ、「また会いたいな」と思ってくれるでしょう。

そこで今回は、初デートで男性の心を掴むテクニックをご紹介します。

この一言にキュン!初デートで男性の心を掴むテクニック

「こんなの初めてだよ」

女性からの「初めて」という言葉ほど、男性が言われてうれしいものはないようです。

「他のどの男性よりもあなたが一番」と言われているのと同じことなので、自尊心と優越感を満たしてくれる最高の言葉だといえそうです。

「こんなに美味しいお店は初めて」とか、「こんなに楽しいデートは初めて」なんてひと言が聞けたら、男性は初デートがうまくいったことも実感できるはず。

さりげなく「初めて」を聞かせてあげると、「もっと喜ばせてあげたい」という気持ちにもなってくれるでしょう。

「楽しみであまり寝れなかったよ」

待ち合わせ場所に着いたら、「楽しみであまり寝れなかったよ」とまず言ってあげましょう。

自分とのデートをそこまで楽しみにしてくれているということに、男性はかなりうれしい気持ちになるものです。

しかも、それをデートの最初に言ってあげることで、一気に男性のテンションも上がりますし、その後もずっとドキドキし続けるはず。

スタートからいきなりいい雰囲気を作り出せるひと言なので、デートの楽しさを倍増させる効果もありますよ。

「次は○○に行かない?」

初デートは男性もかなり緊張しているものですし、女性がちゃんと楽しんでくれているのかが、ずっと気になっているはず。

だからこそ、「次は○○に行かない?」と、次回のデートの提案をしてあげると、男性の不安も一気に解消できます。

「俺とまたデートしたいと思ってくれているんだ」と感じるので、同時に今のデートを楽しんでくれていることも伝わるのです。

あと、次回のデートにもそのまますんなりと誘いやすくなるひと言でもあるので、色んな意味で男性にとってはありがたい言葉でしょう。

「もうこんな時間なんだね」

デートの帰り際に、「もうこんな時間なんだね」とちょっと寂しそうにつぶやく。

これは男性の心にもかなり大きく響くもの。

「もっと一緒にいたい」とか「まだ帰りたくない」なんて気持ちも伝わってくるので、抱きしめたくなるような思いにさえなるかも。

帰り際に寂しそうにしてくれる女性とは、男性も「早くまたデートがしたい」という気持ちになります。

「まだ一緒にいたいけど、今日はもう帰るね」というもどかしさが、ふたりの思いをさらに燃え上がらせてくれることでしょう。

初デートで使ってみて!

さりげなくつぶやいたひと言が、意外と男性のことをドキッとさせやすいものです。

お世辞ではなく本心から言っている感じがするからこそ、男性の喜びも倍増するはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)