LINEの使い方によっては好きな人を夢中にさせることもできれば、相手を幻滅させてしまうこともあります。

そこで今回は男性が惚れる女性からのLINEについてご紹介します。

思わず惚れちゃう?男性のテンションが上がるLINEとは

「同じ時間」を共有する

LINEをするときは、相手と温度感を合わせることが大事です。

テンションの差がありすぎると居心地が悪く感じたり、返信が億劫になってしまう男性も中にはいます。

一方的に自分ばかりLINEを送るのではなく、返信が遅い時は自分も遅く返信したり。

あとはリアルタイムで同じ番組を見ながら感想を言い合ったりなど。

ペースを合わせながらやり取りすることを心がけると「同じ時間を過ごしている」という感覚を持てて、自然と距離が縮まります。

もう1つ大切なことは、LINEでも気持ちを込めて送るということ。

文字だけだと「この子、冷たい印象があるな」と感じる男性もいるので、自分の感情を表現する時に文字だけにならないように気をつけましょう。

ちょっとした絵文字をつけると好印象につながります。

彼の努力を褒める

頑張っていたことがうまくいかなくても、その努力を褒める一言を伝えます。

たとえば「いつも頑張ってて、ほんとすごいね」「〇〇君のモチベーションが高いからだよ」など。

なにかに失敗したり良くない状態が続いているときこそ、褒められると嬉しく感じるものではないでしょうか。

共感をしてくれたり、理解を示してくれたりしたことに対して、「この子は自分のことを分かってくれてるな」と感じてキュンとする男性も少なくないはずです。

「この子に話してよかった。またLINEで話を聞いてもらおう」と思ってもらえるかもしれません。

自分の考えをはっきり言う

「私は〇〇君のこういうところが好きだよ」「あの一言、面白かった」「頑張ってるのわかるよ」など、自分の考えをはっきりと伝えるようにしましょう。

男性のコミュニケーションは、基本的にストレート。とくに気の合う仲間や友人同士なら、その傾向は強くなります。

いい意味で気を遣わないことも多く、「相手がどう思うか」を女性ほど深くは考えない傾向にあるようです。

そのため、女性同士のやりとりにありがちな「相手の感情を(良くも悪くも)推測する・推測させる」ようなやり取りは苦手なことも……。

「こうしたい」「これが好き」などの意思表示をしてくれないと、女性の意図がさっぱりわからない……なんてことも珍しくないのだとか。

もちろん言葉を選ぶ必要はありますが、基本的に好きなものは好き、嫌いなものは嫌いと、わかりやすく伝わてあげたほうが、結果的に相手の男性にとっても好印象につながるはずです。

得意なことへの質問

興味もなく知識もない分野の話題を出されても、どう答えればいいか分かりません。

「知らないよ」としか返事のしようがなく、LINEが途絶えてしまう可能性もあります。

そのため、彼の得意なことへの質問をしましょう。

たとえば車関係の仕事をしているなら、車の修理について質問してみたりなど。

そのほうが彼は質問に答えやすく、会話のテンポもスムーズに進みます。

愚痴は少なめに…

不安や焦りから生じるネガティブな感情を伝えすぎるのは、あまり良くはありません。

誰だって愚痴を言いたいときはあるものです。それをすべてやめるのは、難しいでしょう。

それに好きな相手にだからこそ、吐き出したい気持ちや言いたいこともあるでしょう。

しかし、そればっかりになってしまうのは決していいことではないはず。

ただのワガママだと思われてしまったり、マイナスな印象を与えてしまったりする場合もあります。

大切にしたい相手にこそ、愚痴一つとっても伝え方は気を付けていきましょう。

彼への思いやりを忘れずに

男性のテンションが上がるLINEにするためには、彼のペースや感情に寄り添ってあげることが大切なようです。

今回ご紹介した内容をもとに、好きな人と楽しいLINEをしてくださいね。

うまくやり取りを重ねて2人の仲を深めていきましょう。

(阿部田美帆/ライター)

(愛カツ編集部)