男性は、見かけによらず繊細な場合も多いです。

どれだけ可愛くて綺麗でも、相手の心を傷つけたり不快にさせたりする発言をすると、引かれてしまうでしょう。

そこで今回は、男性にダメ女認定されてしまうフレーズを5つご紹介します。

「ヤバすぎるでしょ…」男性にダメ女認定されてしまうフレーズ5選

「太ってるね」「頭薄くない?」

容姿に関して言うのは禁句です。

見てわかる場合は男性のほうでも、言われなくても気にしているという場合もあります。

遠回しに言っても容姿をけなすような言葉を発する女性は、NGです。

そうならないためには容姿そのものよりも、身につけている洋服や小物などを褒めるようにするとよいでしょう。

「給料少なくない?」

仕事にプライドを持ってやっている男性はとても多く、給料については女性からとやかく言われたくないと思っている人はかなりいます。

とくに結婚や同棲をしていて、相手の収入がわかっているときこそ気をつけたいものですね。

また男性の場合は仕事にやりがいがあれば給料にこだわらないという面もありますので、収入だけで判断するような女性はダメ女と思われてしまうかもしれません。

たとえ女性のほうが多かったとしても、給料のことは禁句であると覚えておきましょう。

「なんでもいいよ」

男性に対する禁句というよりも、自分の意見をはっきりと伝えなかったり、相手まかせにしてしまったりするような発言も、ダメ女と思われやすいでしょう。

なんでもいい=なにも考えていない、つまりデートなどで一緒に楽しんだりするのを放棄したと思われ、男性のテンションも下がってしまう場合もあります。

なんでもいいというよりも、ひとつは提案したうえで相手はどうしたいのかを聞いてみるようにしましょう。

ましてなんでもいいと言って、相手が選んだことに対するダメ出しはしないようにしましょう。

「元カレは〇〇してくれた」

元カレに関する話題そのものも禁句ですが、とくに男性は他の男性と比べられた結果、自分のほうが下だとみなされるとプライドが傷つく人が多いです。

まして「元カレは良かったけど、あなたは……」と言われたら、どんなに可愛い子でもダメ女になってしまいます。

比べるなら上にして褒めるか、元カレなど地雷を踏みそうな話題は避けるようにしましょう。

「なんでこんなこともできないの?」

男性はプライドの高い人も多くいます。

女性のように「私はできなくていい」とそう簡単に割り切れない場合もあります。

そのため、できないことに関して、「こんなこともできないなんて」というのはかなりの禁句です。

できないことはしょうがないとして、他にできることを褒めてみましょう。

できないことをとやかく言われると、女性のことをダメ子さんと思う以前に、自信を無くしてしまう人もいます。

男性が落ち込みそうになったらぜひ、自信をつけさせてあげる一言がいえるとよいですね。

ダメ女認定されないよう気をつけて!

男性に対する禁句は、男性のプライドを折るような発言と思われるものがほぼ該当するでしょう。

男性が傷つきそうだと思われるような言葉は、できるだけ言わないように心がけましょう。

さらに相手に対する思いやりは忘れないようにしましょう。

ダメ女を卒業して愛される女性になってみてはいかがでしょうか。

(西園寺さくら/ライター)

(愛カツ編集部)