「別れた彼を忘れられない!」「どうしても復縁したい!」

こんなときどうしますか?

つながりを失いたくなくて、何度も連絡してしまったり、デートに誘ってしまったりしていませんか?

……別れたばかりのタイミングでは、ガツガツしたアプローチは逆効果になることも。

復縁したいときは元彼との「薄いつながり」を維持することが大事。

そのコツを3つご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

復縁の可能性を高める!元彼と「薄いつながり」を維持するコツとは?

特別な日にだけ連絡をする

なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、高頻度で連絡をしたくなるところですが、ぐっと我慢。

彼の誕生日やバレンタイン、クリスマスなど特別な日にだけ、連絡を入れるようにしましょう。

何でもない日に他愛のない話題を振られるよりも、年に1度の特別な日に自分のことを想ってメッセージを送ってくれたほうが心に響きます。

「俺の誕生日をまだ覚えてるなんてかわいいな」「俺のことまだ好きなのかな」と、ポジティブな印象を抱いてもらえる可能性も高いでしょう。

「復縁したい!」という気持ちを全面に出すのではなく、さりげなく好意を伝えるのがポイントですよ。

デートのお誘いは控える

付き合っていたときは当たり前のようにしていたデート。

どうしてもその延長で別れた後もデートに誘ってしまいがちですが、これも我慢が必要。

デートにこぎつけようとするガツガツした態度は、彼を警戒させてしまいます。

彼と付き合う前の、あの初々しい気持ちを思い出して!

彼にもう一度好きになってもらうためにも、慌てず、少しずつでも確実に近づける方法を探りましょう。

SNSを使って近況をチラ見せする

彼を振り向かせたいなら、SNSの活用はかなり重要。

直接連絡を取らない代わりに、あなたの近況が垣間見えるようにSNSを使うのです。

たとえばInstagramで休日の様子をアップしてみたり、LINEのアイコンをかわいく撮れた顔写真にしてみたり……。

そんな投稿を見た彼は「あれ、なんかかわいくなった?」「ほかの男でもできたのかな」とあなたのことが気になるはず。

ただし、投稿頻度には要注意。頻繁にアップすると逆効果になってしまいます。

彼の「知りたい欲」を刺激する、チラ見せを意識しましょう。

復縁のチャンスを落ち着いて待つ!

別れに至ったということは、わずかでもあなたに対するネガティブな記憶があるということ。

それをリセットして、「また付き合いたい」と思わせるためには、時間も必要です。

彼と薄くつながっておき、彼が「復縁したい」と思うタイミングまでじっと待つ。

近すぎず遠すぎない距離感が、復縁の可能性を高めるコツでしょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

●いざ再会!復縁したい元カレと会うときに伝えるべき言葉4つ