彼がひとり暮らしの場合、相手の家に招待されることもあるかと思います。

そんなときにNG言動をしてしまうと、もしかしたら次から家に呼んでもらえなくなってしまうかも……。

そこで今回は、男性に聞いた「彼女が家に来たときにされて嫌だったこと」についてご紹介します。

これは冷めるかも…男性に聞いた「お家デートでのNG言動」

入った瞬間に…

「俺はキレイ好きなので、毎日掃除をするようにしています。
でも家にきた彼女が『え~!ここまで潔癖だとさすがに引くわ~』と文句を言いだした。
あのときは『俺の家なんだからどうしようと勝手でしょ』と思いましたね」(33歳男性/銀行員)

「汚い!」と言われるのも傷つきますが、逆に「潔癖だね」と騒がれるのも面倒くさいそう。

「キレイにしていて何が悪いの?」「誰にも迷惑かけていないじゃん!」と思うそうです。

部屋をキレイにするために何か強要されているなら話は別ですが、そうじゃないのなら余計なことは言わないほうが良いかもしれませんね。

聞かずに勝手に荷物を置く

「彼女が勝手に自分の歯ブラシやメイク用品を洗面所に置きだした。
俺が『うち狭いしやめてよ』と言ったら、『ほかに女でもいるの?』と逆ギレ……。

もう面倒だったので好きなようにやらせたけど、何だか腑に落ちませんでした」(30歳男性/営業)

まるで自分の部屋のように、勝手に荷物を置きだす行動……ちょっと配慮がないなと思いませんか?

「付き合っているんだからこれくらいOKでしょ」なんて思わずに、きちんと彼に許可を取ったほうがいいでしょう。

部屋をいろいろみて…

部屋をいろいろみて…

「前に彼女がうちに来たとき、俺の机やベッド下をいきなりあさり始めたんですよね。
俺がやめてと言っても『いいじゃん別に!』と開き直っていて、話になりませんでした」(28歳男性/IT)

彼の部屋のものが気になるのはわかりますが、来て早々部屋を断りもなくあさり始めるのはあまりいい気持ちはしないかも。

彼に嫌がられるのはもちろん、育ちが悪そうな印象を与えてしまいます。

いくら付き合っているとはいえ、他人には見られたくないものもあるはずです。きちんとプライバシーは守るようにしましょうね。

部屋をみて浮気を疑いだす

「調味料が一通り揃っているからといって、なぜか浮気を疑われたことがあります。
そんなことで怒られるくらいなら、最初から呼ばなきゃ良かった!」(35歳男性/販売)

凝った調味料や、彼が選ばなそうなインテリアなどが置いてあると、「もしかしてほかの女が選んだの?」と不安になってしまうこともあると思います。

でもそれはたまたま料理にハマっていた時期があったのかもしれませんし、インテリアは身内が選んだものかもしれません。

インテリアに関わらず、もし疑問がでてきたら、彼のことを決めつけるよりは、「これは何?」と彼と話してみるのもいいかもしれません。

うれしい!だからこそ冷静に

彼の家に呼ばれて舞い上がってしまう気持ちもわかりますが、どんなときでも冷静さを忘れないようにすることが大事です。

いくら好き同士でも、彼の家には彼の家のルールがあるかもしれません。

あまり好き勝手に動きすぎないほうが無難です。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)