気になる彼は恋愛に消極的、または奥手なタイプ。

いい感じだと思っても、あんまり近づいてくれない……。

そんなとき、彼の恋心に効く魔法の言葉を使ってみましょう!

普段の会話に入れ込んで、彼を引き寄せてみてくださいね。

恋愛に消極的な男性を「積極的」に変える魔法の言葉5つ♡

「分かる分かる!」

共感を示すことは、恋愛において定番テクニックのひとつ。

彼が自分の考えや興味に近いことを話したら「分かる!」と言ってみましょう。

しかし、むやみやたらに使うのはNGです。

また、嘘をつくのもやめましょう。

本当に共感したことをちゃんと伝えるだけでも、彼は安心感を抱くでしょう。

「すごい!」

彼が恋愛に消極的な理由は、自信がないからかもしれません。

そうだとしたら、彼をたくさん褒めて自信を持ってもらいましょう。

「すごい!」と言われて嬉しくない男性はいません。

また、それが気になる女性からの言葉だとなおさら嬉しいものです。

「さすが!」など、彼を認めるような言葉も合わせて伝えると効果的ですよ。

しかし、わざとらしくならないように気を付けましょう。

「へぇ、知らなかった!」

「知らなかった」という言葉も、彼の自尊心をくすぐる魔法の言葉です。

彼を立てつつ、自信を持たせられます。

さらに応用して、「教えて」などと、ちょっと甘えてみせることもできますよね。

「○○くん、彼氏にしたい」と周りの知人に言う

「○○くんを彼氏にしたい、彼氏だったらいいな」

このような言葉を、本人ではなく周りの人に知らせるのも、じつは効果的です。

回りまわってそれが彼の耳に入り、女性を意識するのだそう。

大胆かもしれませんが、相手が消極的なほど直接的な言葉の方がいい場合もあります。

しかし、相手に彼女がいる場合は、控えてくださいね。

「○○くんみたいなタイプいいなぁ」

消極的な場合、ほんの少しのアピールではなにも伝わりません。

彼に確実に「いいな」と思ってもらうためには、ある程度直接的な言葉を伝えた方がいいでしょう。

ポイントは、まずは軽く言ってみること。

「○○君みたいな」といったふうに、断定しない表現ならいいやすいでしょう。

次に会うときから。彼は少しずつ意識してくれると思いますよ。

気持ちを工夫しつつストレートに伝えて!

自分の好意をさとられないように、回りくどい言葉で伝えるのはあまり効果を発揮しません。

どうして伝わらないのかなと悩む前に、もう少し大胆になってみる必要がありそうです。

(愛カツ編集部)