彼氏との付き合いが長くなってくると、彼の友達を紹介されることがあるかもしれません。

大好きな人から大切な友達を教えてもらえるのはうれしいこと。ですが、とくに男友達と会ったばかりのうちは、どのように接すればいいかも分からないでしょう。

そこで今回は「彼の男友達との上手な接し方」を紹介します。

距離感を意識するべし!彼の男友達との上手な接し方

いきなり距離をつめない

いきなり距離をつめるのは好印象とはいえません。

彼から、友達の話をよくきいていると「もう私の友達!」となってしまい、いきなり距離感を間違えてしまいがちです。

まずは、一歩引いて友達の前での彼の接し方や、振る舞いを観察し、合わせてあげるのがよいでしょう。

いきなり連絡先の交換などもNGです。

なにかしら連絡をとる手段があると便利と感じるのであれば、グループ会話などの彼にも見える範囲で連絡をとるといったやり方もあるでしょう。

彼氏のことを褒める

「そんなこともできるんだね」「彼氏のこういうところが頼もしくて好き」など、彼氏のよい評価を口にしてみましょう。

あくまで彼のことを特別に想っているアピールは、彼にとって安心材料になるでしょうし、男友達に「この子は本当に彼のことが好きなんだな」と、隙がないことを悟らせることもできます。

この行為は彼のプライドの尊重にもなり、持ち上げられるのが好きな男性にとってはプラスの効果にもなるでしょう。

おだてて彼の機嫌をとるのも、彼女の役目の一つではないでしょうか。

ただしいきすぎたノロケ話を不快に思う人もいますから、あまりにベタ褒めしてしまうのはNG。

彼氏のことを褒めつつ、彼の男友達のこともヨイショできる、器用な気遣いができるようになれるのが理想的ですね。

彼氏不在で出かけない

彼氏不在で出かけない

元は彼のお陰で交友関係ができたわけですが、付き合いが長くなってくると、一緒に出かけたり家にお邪魔したり、そんな提案が持ち上がることもありえます。

そのときに彼氏が仕事などで予定が合わない場合、あなたは彼氏抜きでその場に参加しようと思いますか?

参加するのが悪いというわけではありません。しかし、彼氏の視点になって物事を考えてみると複雑な気持ちにさせてしまうかも。

そのことを踏まえたうえで、彼の意見次第では参加を遠慮した方が賢明です。

集まり自体が2人きりじゃなくても、帰り道などでふと2人きりになるシチュエーションがあるかもしれないわけですから、彼が心配するのも頷けます。

また、あなたにその気がなくても、男友達の方があなたに恋愛感情を抱いてしまう可能性もあるでしょう。

自分に彼氏という存在がいる以上、ほかの異性をその気にさせるような言動をしないよう気をつけることは大切です。

節度を守って心地よい関係を

彼の男友達の接し方で、一番大切なのは「距離感」です。

むやみに仲よくなりすぎると、彼の不安や不満を膨らませる原因になってしまいます。

あなただって、自分以外の異性と彼が過度に仲よくしている姿を見たら、嫉妬してしまいますよね?

節度を守って、彼氏とも彼の男友達とも心地よい関係を築けるようにしましょう。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)