お別れしてはじめて相手の大切さを痛感し、未練を残している人はいませんか。

相手のことが本当に好きなら、復縁できる可能性がゼロだなんて言われても、簡単に諦めるべきではないでしょう。

たとえ別れた当時はゼロだったとしても、地道に努力して復縁の可能性を上げることはできるはず。

そして、ひょんなことで再会したり再び連絡を取り合ったりしたときに、改めて自分の気持ちを伝えられるといいですね。

今回は「復縁したい男性と再会したときに、伝えるべきひと言」を紹介します。

復縁したい元カレと再会したときに、伝えるべきひと言4つ

1.「あの頃は楽しかった」

ふと昔話を持ちかけてみましょう。

言われた相手も「ああ、そうだったな」と同意してくれれば脈ありかもしれません。

付き合っていた頃の楽しかった思い出を振り返れば、反応次第では相手側にも未練があることを察知できるのでは?

そこから「また一緒に過ごしたいね」なんて、これからの話ができれば風向きはかなりよい方に変わるかもしれません。

あの頃に戻れるよう思い出話に花を咲かせてみるのも、有効な手段のひとつと言えます。

2.「ずっと後悔してる」

過去の自分の行いを反省しているこの姿勢は、好印象を与える可能性があります。

しっかり謝罪すれば、相手にも誠意が伝わりますしね。

後悔を胸にどのような生活を送っていたか、包み隠さず素直に吐露してみるのもおすすめ。

またお別れしたときに自分のどこに非があったか、自覚があることを知ってもらうのは、同じ失敗は繰り返さないという意思表示にもなるでしょう。

「復縁したい」というストレートな言葉を口に出さずとも気持ちを表せられるよいひと言なので、本気で後悔しているあなたは使ってみてくださいね。

3.「あなたが一番だよ」

3.「あなたが一番だよ」

お別れしてからほかの人とお付き合いをしてみたものの、上手くいかなかった場合には説得力のある言葉です。

実際に恋人として付き合ったわけじゃなく、恋人になること前提で友達付き合いをしていたけど心変わりできなかった、という場合にも使えるひと言でしょう。

とくに男性は競争社会で生きているので、女性から男性に向けては一層効果的のはず。

ほかの異性と比べて自分が勝っているというのは、恋愛においても大きな優越感を得られることになりますから、言われて気分の悪くなるものではないでしょう。

「ほかの人じゃ本気で好きになれない」なんてひと言を付け足すと、ますます復縁に近づけるかもしれません。

あなたにとって相手が特別な存在であることを、精一杯アピールしてみてください。

4.「もう一回チャンスないかな」

一度失った関係を取り戻すため、「どうしてもあなたが好きなの」「お願いだからもう一度付き合って」とメソメソして相手に擦り寄ることは絶対NGです。

男性は女性の感情的な部分を苦手とする人が多いので、そんなことをしていては「面倒くさい」「愛が重い」とうんざりされてしまうかもしれません。

なので、このような向上心のあるセリフを伝えてみましょう。

ネガティブよりポジティブな方がよいイメージがあるのはもちろんのこと、復縁のために努力したいという熱意を示してみれば、相手も待つだけ待ってみるかとなるのではないでしょうか。

ただし無責任にならないよう、言ったからには努力を怠らないでくださいね。

相手の目線でも考えつつ…

一度ダメになってしまった以上、そこには必ず理由が存在します。

その理由にもよりますが、復縁をするためにはきっと付き合ったときよりも、言葉に重みが出てきているはずです。

独りよがりにならないよう相手の気持ちも尊重しつつ、いかに正直な思いを伝えられるかが重要なポイントになるでしょう。

復縁はあなただけが幸せになるためのものではありませんから、相手の目線でも物事を考えつつ少しでも復縁の成功率をあげられるよう、上手な言い回しを覚えておきましょうね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)