忙しくしている多くの男性が、「嫌だな」と感じてしまう典型的なLINEがあるようです。

好かれるために送っているのに「面倒だな、この子」なんて思われたら悲しいですよね。

今回は、社会人で忙しくしている男性が嫌がるLINEをご紹介します!

あなたは大丈夫…?忙しい社会人男性が「嫌がるLINE」4つ

催促のスタンプを送ってくる

「忙しくて、結果的に既読スルーになっちゃうときって誰にでもあると思います。スマホ自体触れなくて未読のままとか。そういうときに、スタンプ一個だけ送ってこられるの嫌いだな。『なんで返事ないの?』『わざと未読?』みたいな圧を感じますね。

言葉に出してはっきり催促しないところが、感じ悪いなと思ってしまいます」(29歳男性/教員)

既読がつくのに返事が来ないと不安になることもあるはずです。

「催促はしたくないけど、スタンプ一個で様子を見たい……」そんな計算は彼にも伝わっているみたい。

「要するに催促でしょ?」とうんざりしてしまうようです。

返事の催促自体を嫌う男性は多いみたいですが、「なんで返事くれないの?」のほうが、ストレートな分まだ許せるみたい。

質問ばかりしてくる

「最後が『?』のLINEばっかり送ってくる女性が嫌いですね。『休みの日なにしてるの?』『映画好き?』とか、質問はしてくるけど、そこから話があまり広がらなくて……。

会話を続けたいと思ってくれてるっぽいのはわかるんだけど、自然と続く会話じゃないと面倒で、返す気をなくしますね」(23歳男性/広報)

LINEを続けたい一心で、会話の最後に「?」をつけがちな人もいるはずです。

LINEが続くことに間違いはありませんが、意外と「面倒」と思われてしまうみたい。

ひとつ送った質問の返事から話を広げていく作業こそ大事といえるでしょう。

ただ、疑問ばかり投げられるLINEでは、話がどこに向かうのか分からなくなってしまうはず。

忙しい社会人男性からは「引き延ばしは迷惑!」という声もあるようなので、なるべく一つの会話を続けるように意識してください。

スタンプだけで返事をする

スタンプだけで返事をする

「彼女がテレビ見てたりなにかやってるタイミングだと思うんだけど、僕が送ったLINEにスタンプだけを返してくることがあるんです。返せる状態になってから返してくれていいのに。朝、起きたら彼女からの未読がいっぱいたまってて、あけたら全部スタンプだったこともありますね。

『おはよう』『今日も仕事頑張って』みたいなのが全部スタンプ。そんなのだったら送ってくれなくていいよ。ウザいしって思っちゃいます」(27歳男性/アパレル)

かわいいものがあるとつい買ってしまいがちなスタンプですが、自然な会話として使うのはなかなか厳しいものでしょう。

スタンプばかりのLINEは、彼に「会話する気あるの?」と思われてしまう可能性もあります。

文章のやり取りでも気持ちが上手く伝わらないことってあるはずです。

そんなLINEで、言葉足らずになりがちなスタンプに頼りすぎると、「LINEしても楽しくない」と思われるかもしれません。

LINEを何度も送ってくる

「私ばっかりLINEを送ってる!私のことなんか好きじゃないんでしょ!と彼女にキレられてしまいました。

でも、こっちから送るまでもなく、彼女からいつもLINEが来るんですよね。なにかあっても『どうせ後でまた来るし、その返信で聞けばいっか』と思ってしまいます」(30歳男性/広報)

女性から常に追われている状態になることで、男性が追う気がなくなっているのがこのケース。

LINEを面倒に感じている男性は多いため、「彼女が送って彼がそれに乗る」パターンが確立することもあるでしょう。

彼からLINEを送ってほしいけど、来ないから、彼女が頑張って送っている状況って意外と多いみたい。

「自分から送り続けたらいつか彼からも……」と思ってしまう気持ちもあるかもしれません。

しかし、自分のしてほしいことを男性にしても『俺もやろうかな』とは思われないようです。

「たまにはそっちから送ってほしい」と一言伝える方が効果的かもしれませんね。

LINEでつながろうとしすぎないで

「彼とずっとつながってたい……」こんな気持ちからのLINEほど、社会人男性には「めんどくさい」と思われてしまうみたいです。

LINEはあくまでも、アポ取りツールと認識しておきましょう。

仲良くなるための必要以上のLINEは嫌がられる可能性が高くなるはずです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)