「色気」は強力な武器で、年齢に合わせた魅力が出せれば、いい恋愛のきっかけになることも。

ただし間違った「色気」アピールは、「やりたい」だけの異性を引き寄せてしまうことも……。

「色気」と「やれそう」のボーダーラインは、一体どこにあるのでしょうか?

「色気」と「やれそう」の境目は?勘違いには要注意!

「露出度高い=色気」はNG

露出度の高い服や、ボディラインの目立つ服、谷間や脚が見える服が、「色気」のある服だと勘違いしている女性は思いのほか多いもの。

ストレートすぎるアピールは男性の体や視覚、本能を刺激するので、男性の心を惹きつける魅)にはなりません。

男性によっては、露骨な性的アピールを嫌う方もいるので、出会いを逃さないよう気をつけましょう。

またボディラインも、見せつければいいというものではありません。

たとえ体に自信があったとしても、目立たせすぎずファッションセンスを加味して選ぶのがおすすめ。

「もし、自分の恋人になったら、どんな姿を見せてくれるんだろう……」という妄想を掻き立てられる服装をチョイスしていきましょう。

赤裸々な下ネタはタブー!

「色気」とは、「異性の心を惹きつける性的魅力」のことで、注目すべきは「心を惹きつける」という部分。

単に性的な会話がOKな雰囲気を醸し出しているというのは、色気とはまったくの別物です。

お酒の席などでアレもコレもと応えていると、ただ「性的ハードルが低い人」になりかねません。

とくに、プライベートな内容を含む会話には要注意。

一般的な性的価値観や、好み程度であれば問題ないかもしれませんが、

「〇〇なときはどうしてるの?」「いつもどんなふうにしてるの?」といった話題には、慎重に対応しましょう。

すべてを話してしまうと「やれそう」な相手と認識されかねないので、注意が必要です。

過度なボディタッチは控えて

過度なボディタッチは控えて

男性の心をつかむのに使える、ボディタッチの使い方にも注意が必要です。

女性の「やわらかさ」は、男性をドキドキさせ、体が触れ合うことで男性に脈アリだと感じてもらえます。

ただしボディタッチは、きっかけ程度にしておくのが無難です。

一緒にいる間、何度もベタベタ触ったりひっついたりしていると、男性は「この後……どう?」と誘われているように受け取りかねません。

1時間に1回触れるか、触れないかくらいがベター。

「色気」を感じられるアクションを

女性が思っている以上に、男性は刺激に敏感な方が多いです。

コントロールできなければ、「ビッチ認定」されてしまうことも……。

香水と同じように、「色気」はふとした瞬間にちょっと感じるくらいがベスト! みなさんも一度、自身の行動を振り返ってみてはいかがでしょう?

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)