いっさいケンカをしたことがないというカップルは、おそらくいないのではありませんか。

それくらいよくあることでしょうし、2人の考えをすり合わせるという意味でも重要なもの。

だからケンカをすること自体は、問題ではありません。大事なのは、ケンカしたあとでしょう。

そこで今回はケンカ後に、「2人の絆をもっと強くする方法」を紹介します。

ケンカを乗り越えて、2人の絆をもっと強くする方法

早めに対処する

もし両方とも意地っ張りで、「自分からは謝らない」というスタンスの場合、仲直りまでの時間がどんどん長引いてしまいます。

下手をすると、その間に気持ちが冷めてしまうこともありえるでしょう。

基本的にはできるだけ早い解決が望ましいので、頭が冷えたらすぐに行動に移してください。

謝る、話し合う、どういう行動にせよ早めに対処することが、相手に誠意を見せることにもつながるはずです。

自分から謝る

ケンカをするときって、だいたいお互いが相手に対して怒っているでしょう。

つまり、2人ともになにかしらの非があるわけです。

もし「自分は悪くない」と思っていたとしても、相手を怒らせてしまっているという事実があります。それは無視できませんよね。

変に意地を張らずまずは自分から「ごめんね」と謝ることで、仲直りがスタートするのです。

自分が素直になればきっと、相手も「こっとこそごめん」と素直に謝ってくれるでしょう。

原因を話し合う

原因を話し合う

ケンカになったということは、必ず原因が存在します。

なぜ自分は怒ったのか、なぜ相手は怒ったのか、それぞれの気持ちを整理して話し合いましょう。

冷静になって話し合うことで、相手の気持ちをしっかり理解することができます。

ここでポイントなのが、相手が怒った理由を否定しないこと。あくまで相手目線で、しっかり聞き入れることが重要です。

解決策を2人で考える

些細なことが原因ならば不要ですが、もしそれがこれからも発生する可能性があるとすれば、なにかしらの手を打たないと同じことの繰り返しになってしまいます。

仲直りができても問題を棚上げしては、解決したとは言いがたいでしょう。

今後同じような状況に陥ったときはどうするのかを、しっかりと決めておきます。

まずはお互いに「どうしてほしいのか」「どうしたいのか」などの要望を伝え、どこで折り合いをつけるかを話し合ってください。

お互いに譲り合う形で話しながら、両方が納得できる中間地点を見つけていきましょう。

お互いに気持ちを伝え合おう

たとえケンカしても、お互いに気持ちを伝え合ってしっかり仲直りすれば、以前よりずっと仲が深まることでしょう。

さらにお互いが感じていた悪い部分を改善していくことで、相手の求める理想の人間にも近づいていけるはず。

2人でケンカを乗り越え、よりラブラブな関係になりましょう。

(水林ゆづる/ライター)

(愛カツ編集部)