「気になっている彼とよく目が合うけど、私に気があるんだろうか」「いつも彼を見るとこっちを見ている気がするけど、告白しても大丈夫?」そう悩む女性も多いのではないでしょうか。

たまたま目が合う回数が多いと、期待してしまいますよね。

そこで今回は、気になる相手とよく目が合うときの男性の本音を解説していきます。

気になる彼とよく目が合う…これって脈ありなの?

なんとなく気になってしまう

「ちょっと気になるから、いつも目でチラチラ追ってしまうことはあるかな」(24歳/広告代理店)

「バレないように、目が合わないようにこっそり見ているけれど、たまに目が合ってしまうことがあってドッキリする」(27歳/建築)

少数ですが、目が合う=気になる存在、というケースもありました。

知り合いの男性10人ほどに聞いたのですが、1-2人といったところ。

上の二人に聞いたところ、「目が合ったら、すぐにそらしてしまう」とのことなので、相手の男性がどのような態度をしているかによって違いそうです。

大きなポイントは「自分からそらすか、相手からそらすか」。

相手から先にそらすようであれば、可能性はありそうですね。

とくになにも意識していない

「うーん、視線が合うからと言って、なにも意識しているわけではないです。たまたまじゃないかな」(28歳/銀行)

「背の高い子だったり、特徴的な顔の子はなんとなく見てしまうこともありますが、好意があるわけではないです」(27歳/IT)

「別に気がなくても、なんとなく目で追っちゃう人はいますね」(30歳/公務員)

正直、視線が合うからと言って、相手のことを好きかと言うと、ほとんどのケースではそういうことは無いと思います。

恋をしていると、どうしても自分の都合の良い方に考えたくなるもの。

でも実際のところ、目が合うだけで好き……なんてことはほとんど無いみたいです。

いろんな意見があるようで…

聞いたところ、先ほどの二つの反応に分かれました。

少なくとも「目が合った相手のことが大好き、付き合いたい」ということはほとんどないでしょう。

気持ちは分かりますが、過度な思い込みはせずに気になる人と目が合うなら、まずは相手との距離を縮める努力をしてみましょう。

いきなり告白、というのはもちろんNG。

目が合うなら、それをきっかけにまずは話し掛けてみたらどうでしょうか。

(愛カツ編集部)

●じつは好かれてる?シャイな男性がみせる脈ありサイン3つ