最近彼の様子が怪しい、もしかしたら浮気しているのかもしれない……。

そう不安になってしまう女性も少なからずいるでしょう。

直接聞くのがこわいとき、少しカマをかける会話が効果的かもしれません。

そこで今回は、浮気をしているかもしれない男性が、彼女に言われてドキッとするフレーズを4つご紹介します。

浮気をしているかもしれない男性が言われてドキッとするフレーズ4つ

「友達に会わせて欲しいな」

多くの場合やましい男性は、あまり自分の友達に彼女を会わせたくありません。

その理由は3つあります。

1つ目は自分の友達が、彼女に女関係の余計なことをしゃべるかもしれないという不安。

2つ目に、そもそも友達には彼女の存在を言っていない。

最後に、友達に後で彼女の容姿や性格をどう評価されるか不安。

そのため、このフレーズは自分が本命か遊びかを早期に判断するにもってこいです。

逆に言うと自分の友達に積極的に会わせる男性は信用できるということになるわけです。

これと似たような効果のあるフレーズで、SNSで「タグ付けしていい?」もあります。

もし自分が本命ではなかったり、別に女性がいる場合男性は嫌がるでしょう。

「最近撮った写真見せて?」

「LINE見せて?」は、ちょっと束縛心が強すぎて、やり過ぎ感が否めません。

そこで僕がおすすめなのが「最近撮った写真見せて?」です。

表向きは楽しさの共有を理由に、自然と男性がやましいことがないかパトロールすることができます。

リスクヘッジが完璧にできている男性もいますが、まだまだ脇が甘い男性もいます。

インスタなどのSNSにアップしてないことで、彼女にバレないと余裕ぶってたりしますからね。

男性の多くが自分の男友達に話のネタとして自慢したいと、やましい写真を残しているケースが多々ありますから、このフレーズは使えます。

「友達が見たって言ってたよ」

彼女と四六時中いっしょにいるわけもないので、やましいことをやっている男性は色んな場所に出没しています。

だから、あなたが見たというより、「友達の○○が○○で見たってさ」という言い方が自然かもしれません。

プラスして「女の子と」まで言うかどうかは、あなたの判断に任せます。

とぼけるように、「えっ俺?」とおどおどしたり焦ったりした場合は怪しいですね。

自信をもって「絶対違う」とちゃんとしたアリバイが話せる男性は白でしょう。

白だったときは、ちゃんと彼に謝ってあげましょうね。

「寝言で女の子の名前言ってたよ」

「○○ちゃんて誰?寝言で言ってたよ!」これも男性がドキッとするフレーズ。

もし思いあたる節の個人名があるなら、それをぶっこむのもありでしょう。

なければ、「なんか知らない女の子の名前言ってたよ」のような曖昧にして、反応を見るのもいいでしょう。

そもそも寝言なんで彼も自分が発したフレーズなんて覚えているわけありませんから、あなたはなにを言ってもOKなんです。

これも、おどおどしたり焦ったりした場合は黒の可能性が高そうです。

少しカマをかけて彼の反応を確認!

今回、じつは「筆者が言われたら?」を想像して書いてみました。

書いていて、ちょっとゾッとしました。

やましいことをしていなくても一瞬焦ってしまいますね。

彼に試すときも、あまりいじめないようにしてあげてくださいね。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)

●付き合ってるけど…もしかして2番手?「浮気している男性」を見分ける5つのポイント