気になっていた男性と、晴れて結ばれることができた。となれば毎日きらきらと楽しく過ごせる上に、気分も普段より浮かれてしまうのではないでしょうか。

彼氏のことを思う気持ちは大事ですが、注意することもあります。

それは、自分本意になりすぎて、相手の気持ちを考えないこと。恋人とはいえ、やってはいけないこともあるんだということを、理解するべきでしょう。

今回は「彼氏のことが好きすぎてやりがちなNG行動」を、5つ紹介します。

やりすぎ注意!彼氏のことが好きすぎてやりがちなNG行動5つ

すぐに連絡する

時間が空くとすぐに「なにしてるの?」の連絡。常につながっていたい気持ちも分からなくはないですが、限度というものがあります。

あまりにしつこい連絡は迷惑。仕事の妨げにもなりかねません。そのうち彼も耐えられなくなってしまうでしょう。

周囲からも反対を受け、応援してくれる人がいなくなってしまうかもしれませんよ。

彼の携帯を見る

彼が寝ているときやお風呂に入っている隙に、携帯電話を盗み見てしまう。

どんな人と連絡を取っているのか気になるのは分かりますが、さすがに踏み込み過ぎ。プライバシーの侵害です。

もしなにか気になるようなメールなどがあれば、モヤモヤするだけ。見たことを告げるわけにもいかないので、複雑な感情が残るだけでしょう。

見たとしてもなに一ついいことはないので、やめるべきです。

彼の女友達をけなす

彼がほかの女に目を向けないように、彼の周りにいる女友達をとにかくけなすのはやめましょう。

いかに素行が悪いか、性格が酷いかを必死になって伝えても、そういった発言はすべて自分に返ってきます。

悪口なんて、できれば聞きたくないもの。人のことを悪く言う人こそが悪い、彼もそう気づくでしょう。

最悪あなたの心の醜さにウンザリして、彼氏の気持ちも離れてしまうかもしれませんよ。

SNSに彼との写真をアップする

SNSに彼との写真をアップする

彼と一緒にいるところを写真に撮って、SNSにアップ。これは仲のいい姿を見せつけるほかにも、別の女性を近づけないよう予防線を張る狙いもあります。

最初は仲睦まじい様子に周囲も羨ましがりますが、あまりしつこいと「いいね」とは言えなくなってきます。

彼の交友関係を狭めてしまう原因にもなりかねません。

仕事を休ませる

「私と仕事どっちが大事なの?」は、定番のセリフです。

2人の関係を大事にしたいからこそ仕事も頑張ろうとしているのに、根幹を揺るがすような発言に彼も呆れてしまうかも。

これでは、将来もどうなるか分かりません。幸せになれるとは思ってもらえないこともありそうです。

先のことが見えなくなって、自然と彼の感情が冷めていってしまうことは避けましょう。

気持ちが強いときほど冷静に

相手を好きな気持ちは分かりますが、好意を押し付けるようなことをしてはいけません。

あまりに激しい感情表現は、かえって彼に不安を抱かせてしまう要因になります。

気持ちが強いときほど冷静になることを心がけ、少し距離を置いてみたほうがものごとは順調に進むかもしれません。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)

●実際に男性が「怖い…」と感じた彼女からの束縛