男性からモテる女性を観察してみると、特徴的な行動をしていることが多いはず。

そのなかの一つが、ボディタッチ。計算しているかどうかはさておき、タイミングよく男性に触れることで、気になる彼との距離を縮めているのかもしれません。

「私もやってみたいけどハードルが高そう……」と感じている女性も安心してください。

今回は「誰でも簡単にできるボディタッチの場所」を紹介します。

男性は思わずドキドキ!誰でも簡単にできるボディタッチの場所3つ

肩と腕

肩と腕は、どんな場面でもタッチしやすい個所です。

たとえば呼び止める際は声だけでなく、「ねえねえ」と肩を叩いたり、腕を掴んだりしてみる。

また会話中は「もうやだあ~」と肩を押したり、腕を軽く叩いたりと簡単にソフトタッチできますので、まずはワイワイ皆で騒げる席で勢いに任せて思い切ってやってみましょう。

一見とくに意識していないような男性も、じつはドキドキしている可能性がありますよ。

ひざ

トイレに行くときなど、立ち上がる際には、男子のひざに手を置いてから立ち上がるようにします。

机や床に手をついて立つことがあると思いますが、その代わりに隣の人のひざを使うと思えばやりやすいかもしれません。

また座敷の席やカラオケなどの隣の人と密着しているような狭い空間だと、思っている以上に簡単にできますよ。

触られた男性は「なんでわざわざ触るんだよ~」と言いつつも、内心ではニンマリしているはずです。

首回り

首回り

シャツの襟がなかに入っていたり片方だけ上がっていたリ、もしくはネクタイが曲っていたりを直して上げましょう。

商談や会議に行く前の男性に対して、「頑張ってくださいね」の言葉を添えてネクタイを直してあげる。

またあなたが先輩なのであれば、「だらしなく見えちゃうよ」と後輩の服装を正してあげる。

こういったことは意外に違和感がないので、チャンスがあればぜひやってみてください。

お酒が入ってない席なのでハードルは高く感じますが、その分相手の記憶にはガッツリ残りますよ。

男性はドキッとしているはず

会話中のボディタッチなんかは、最初の一回さえ乗り越えてしまえば後は流れでなんとでもなります。

その場の楽しさを体を使って表現すると思えば、気楽にできるでしょう。

楽しそうに話すあなたの笑顔を見て、そして体を軽く触れられて、男性は思わずドキっとしているかもしれませんよ。

(神伊里砂/ライター)

(愛カツ編集部)