彼氏が自分よりも年下だと、甘やかしたくなるかもしれません。

とくに食事の場面などで、年上の女性がおごることもあるでしょう。

しかし、甘やかしすぎてしまうと、ダメ男・ヒモ男に育ててしまうかも……。

今回は、男性たちの意見をもとに、年上女性のベストな対応についてご紹介します。

かわいくても…おごりすぎはNG!年下男性とうまく付き合う方法

サプライズは頑張りすぎない

「年上の彼女、ファッションにこだわりがあって俺にもいろいろ着せたいみたい。付き合い始めは、よく『これ○○君に似合うと思って』とか『ボーナス出たから』って服とかカバン買って渡されてたんだよね。でも、段々俺がお礼言わなくなってから思うとこがあったみたい。最近は『これ欲しいなー』って言っても買ってくれなくなっちゃった」(21歳/学生)

年下の彼には、思わずいろいろ買ってあげたくなる女性もいるでしょう。

しかし、日常的にプレゼントをしてしまうと、彼に「貢がれ癖」がついてしまうかもしれません。

サプライズはほどほどにしておきましょう。

食事は基本的に割り勘

「5歳年上の女性とお付き合いしています。男として食事はおごってあげたいけど、給料日前とか正直しんどいときも。でも、そんな俺の気配を察してか彼女がさらっと割り勘してくれたり、ときどきおごってくれたりするんで助かってます」(24歳/営業)

彼が学生だったり、給料が高くなかったりすると、デート代を捻出するのが難しいときもあるでしょう。

かといって、年上の彼女が毎回支払うのはNGです。

基本的には割り勘を申し出て、「一区切りついたみたいだから、今日は私のおごり!」など理由をつけておごるといいでしょう。

大切な日は少し豪華に!

「彼女は年上だけど、普段のデートとかはあんまり年の差感じたことないかな。でも、誕生日にけっこう良いブランドの時計をくれたり、記念日に旅行に連れて行ったりしてくれるから、やっぱ経済的にまだ敵わない部分あるなーと思うことはある」(22歳/美容師)

年上の女性の方が経済的に余裕がある場合でも、豪華なプレゼントは誕生日や記念日のときに限りましょう。

普段のデートは、彼のお財布事情に合わせるといいですよ。

彼のプライドを傷つけないで!

年下の彼を心配するあまり、食事をすべておごったり、なんでも買い与えてしまうのは逆効果です。

金銭面はギリギリ貢がないレベルを意識して、年下の彼との恋愛を楽しんでくださいね。

(愛カツ編集部)