どれだけ仲がよいカップルでも、ふとしたきっかけで関係が変わる可能性もあります。

あなたも意識していない行動や態度で、彼を傷つけたり考えさせたりすることがあるかもしれません。できればそれは、避けるべきでしょう。

今回は、男性が「彼女と距離を置きたいな」と感じる瞬間を紹介します。

男性が「彼女と距離を置きたいな」と感じる瞬間3つ

1.彼女といても刺激が少ないと思ったとき

「付き合いが長くなると、毎日が平凡だなと思うことが多くなる。そういうタイミングでほかの女性にドキッとするようなことがあれば、『彼女と距離置いてみようかな』って気持ちになる」(27歳男性/医療機器販売)

刺激が減ると男性に浮気心が生まれてしまうかもしれません。

より刺激的な時間を過ごせる相手を見つけたら、彼女と距離を置いて関係を見つめ直そう……と男性に思わせるきっかけになる場合も。

付き合いが安定すると、刺激を求めるようになる男性もいます。

たまには新しいデートプランにトライしてみたり、ヘアスタイルやファッションを変えてみたり、変化を取り入れる方法を考えてみましょう。

2.「彼女中心の生活」に気づいたとき

「彼女がさみしがらないように、仕事が忙しくてもなんとかデートの時間を作るようにしています。自分にあてる時間がほとんど取れない状況で、『最近集まる機会減ったな』と友達に言われたときは、はっとしました」(30歳男性/ゲームデザイナー)

彼女との時間作りに追われていると、ふと「自分の生活が彼女中心に回っている」と気づく男性もいるようです。

彼女のことを思って一生懸命頑張っていても、ちょっとしたことで「距離を置きたい」という気持ちが生まれる可能性もあります。

彼女との時間は、もちろん大切なもの。ですが自分の趣味や友達と会う時間も適度に取っておかないと、気づいたときには彼女への気持ちが冷めてしまうかもしれません。

3.彼女のだらしない姿を見たとき

彼女の〇〇〇〇を見たとき

「彼女と付き合って一年になります。最初はお泊りデートでも自分より早起きして化粧してたのに、いまでは一日中すっぴんパジャマ……。家でゴロゴロしてる様子を見ると、そろそろ距離を置いたほうがいいかなと思ってしまいます」(31歳男性/営業)

どんなに大好きな彼女でも、だらしなさは男性にとって気持ちが冷める原因になります。

おしゃれへのこだわりがなくなる、散らかったままの部屋に平気で呼ぶなど、だらしない部分はできれば見せたいものではありません。

男性に気を許しているからこそとも言えますが、だらしないと男性に「女」を感じさせなくなってしまいます。

簡単にでもメイクする、せめて服は着替えるなど、男性をがっかりさせないように最低限の身だしなみは気にかけましょう。

彼より先に手を打って

日常のふとした瞬間に、男性にとって彼女と「距離を置きたくなるとき」が潜んでいます。

心当たりがある人は、彼より先に手を打って改善してくださいね!

(愛カツ編集部)

【実際の意見】ひとりになりたいときはこんなサインを出します