自分はどうやら彼の恋愛対象外のよう。

そうわかっていても諦めきれないときってありますよね。

でも、脈なしな場合の多くの理由は「ルックスが好みではない」ことだそう。

かなりシビアですが、ルックスは努力次第で彼の好みに合わせることができるでしょう。

なので今回は、彼への接し方を変えて脈なしでも大逆転する方法をご紹介します。

じわじわ攻める!恋愛対象外で脈なしでも「大逆転」する方法

イメチェンは後回しでOK

よく、このケースで「雰囲気を変えて女らしさを見せる」「ギャップで落とす」などのテクが紹介されていますが、それは二人で会う機会のある人やデートすることができる人です。

それは脈なしではなく、じつは脈ありですから参考にはならないでしょう。

ちなみに、脈なしの女性がイメチェンしても彼は気づきません。

気づいても興味は示さないでしょう。

現実は厳しいです。

「押して引く」も、恋愛対象内の場合のテクですから誤解のないようにしたほうが良さそうです。

恋愛感情は徹底的に見せない

脈なしの人こそ、相手に恋愛感情を見せてはいけません。

それは「怖いから」です。

どうでもいい男性が必死であなたに好意をアピールしてきたら「ちょっと、なんなのこの人」と思いますよね。

そのうえグイグイ来たら、怖くなって逃げたくなりますよね、それと同じでしょう。

もし恋愛感情を見せてしまっていた場合は、クールダウンのために距離をしばらく置きます。

怖さをリセットするのです。

一か月ほどは彼から遠くにいることが重要です。

あまりに短い期間だと、まだ彼が忘れておらず「また来た」と思い出させてしまうおそれがあります。

できるだけ時間と距離を開けます。

「男性は好意を持たれたら嬉しいので伝えたほうがいい」説ですが、これはその女性を少しでも意識していて、まあまあの見た目の場合でしょう。

これは脈ありということなのですが、それ以外の場合は彼に伝えないほうがベスト。

あなたも恋愛対象じゃない男性から何度も好意を伝えられると、「しつこいからやめてよ」と思いませんか?

人対人で接する

ではどうすればいいのかというと、男女ではなく「人間対人間」で接します。

「別にあなたが好きではないが人間として興味ある」風に。

そうすることで彼は安心しますし、「人間として興味を持ってくれたんだ」と感激するでしょう。

これが近づく方法です。

その際は、恋愛の話をしてしまうとどうしても探ったり誘導したりしてしまうので、しないようにしてくださいね。

彼の前では恋愛ではないのですから、適度にほめて同調します。

一緒にいて楽しいと思わせ、一定して普通のテンションで接してみてください。

恋愛感情ではなく、まず尊敬する

好みの女性から恋愛感情を見せられると彼はテンションは上がるでしょう。

しかしそうではない相手のときは「尊敬」でテンションが上がります。

尊敬される機会はそんなにありませんよね。

そして人間は基本的に尊敬されたい生き物です。

でもただ「すごーい」だけではダメ。

彼が言ってほしいことを先回りして言うくらいになりましょう。

彼の好きなものに興味を持つ

価値観を合わせるのに手っ取り早いのは同じ趣味を持ち、少しできるくらいになって彼に軽く相談すること。

そして趣味で使うショップを紹介してもらうなどして、徐々に二人で行動するようにします。

人間として、友達として、仲間として居心地のいい相手になることです。

それには気も話も合い一緒にいて疲れない、そして価値観が合うことが重要でしょう。

そうして「いなくてはならない相手」になるのです。

まずは人として興味を持ってもらえるように

脈なしだからといって、あきらめることはありません。

でも、まったく見込みのない人にこだわるのも時間の無駄ですし、この方法で数年をかけてしまうのももったいないです。

そんなときは他の男性にも目を向けましょう。

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)

●大逆転!実際に好きな男性に振り向いてもらった方法は?