好きになった人には、奥さんがいた……。

まるでドラマのように聞こえるかもしれませんが、現実はとても厳しいものです。

今回は、不倫をしたことで最悪な結末を見たという女性の経験談をピックアップ。

いま既婚の男性に恋をしている人は、目を覚ましたほうがいいでしょう。

不倫の行く末は最悪の結末?道ならぬ恋のデメリット3選

不倫相手の妻にバレて慰謝料を払っている

「バイト先の店長と不倫関係になりました。残業と言ってあるから奥さんにはバレないと言っていたのに、携帯を見られて一発アウト。

奥さんからは慰謝料を請求されたけど、学生の私にはどうしもようもなく、結局親に事情を説明して払ってもらいました。
奥さんから電話をもらったときの恐怖や、親を泣かせてしまった罪悪感は一生つきまとうと思います」(21歳女性/大学生)

「奥さんにはバレないから」というのは、不倫男の決まり文句。

いまの時代、携帯を見ればすべてがバレてしまうのです。

不倫は男女両方に責任があるとはいえ、相手の家族に訴えられて慰謝料を請求されることもあります。

危険な恋に舞い上がって、自分からリスクをおかすようなことは避けたいですね。

不倫相手の妻が職場に乗り込んできた

「スポーツジムで出会った既婚の彼と、たまに会う生活を送っていました。いつも通り仕事をしていたら、来客があると呼ばれて応接室に行ってみると、彼の奥さんが座っていたんです!

どうやらすべてがバレてしまったみたいで、彼から私の居場所を聞き出したみたい。当然、職場の人にもバレてしまって、いまでも職場で肩身が狭いので、転職を考えています」(25歳/精密機械メーカー事務)

つい出来心ではじめた不倫のせいで、職場での信頼や仕事自体も失ってしまいかねません。

「仕事や学校には関係のないところで不倫しているから大丈夫」と思っていても、不倫相手の奥さんには関係のないこと。

責任を追及するために、職場や学校に乗り込まれ、友人や同僚、上司からの信頼を失ってしまうこともあり得るのです。

一時の感情の高まりで、これまで築いた人生を台無しにしないでくださいね。

男性不信になり結婚できない

男性不信になり結婚できない

「学生時代に不倫をしていました。そのときは運よく奥さんや周囲にバレることもなかったのですが、不倫が終わってからもロクな恋愛をすることができなくて。

不倫をしている男性の顔をリアルに見ていたので、どんなに誠実そうな男性でも信用することができなくなってしまったんです。
同級生はみんな結婚して幸せになっていくのに、自分だけいつまでも不幸な気がしています」(30歳女性/化粧品販売)

不倫は、相手の家族を傷つけるだけでなく、自分自身をも傷つけているのかもしれません。

一度不倫を経験すると、世の男性が信じられなくなり、自分が結婚したとしても不倫されるのではないかという恐怖がつきまとうようです。

人生を長い目で考えたときに、不倫の代償はあまりにも大きすぎるのかもしれません。

一時の感情で大切なものをなくさないで!

たった一度の不倫でも、それまで築いた大切なものをなくすことになりかねません。

一時の気の迷いや遊びの延長で手を出すには、あまりにも危険。

今回の体験談を肝に銘じて、不倫とは距離を置きたいですね。

(愛カツ編集部)