恋愛は、最初の印象が肝心といわれています。

男性を紹介してもらい、会うところまでいっても次に繋がらないと悩んでいる方は、あなたの行動に原因があるかもしれません。

そこで今回は、1回目のデートで避けるべき行動を3つご紹介します。

自分に当てはまっているものがないか、チェックしてみましょう。

次のチャンスがなくなるかも…1回目のデートで避けるべき行動3選

いきなり距離を縮める

「初めてのデートでグイグイこられると、軽い女なのかなと思ってしまいます。まだ相手のことよく知らないのにボディタッチとかすごいと、こんな感じでいろんな男性と仲良くなってるんだろうなという印象になり、恋愛対象から外すかも……。

恋愛対象じゃなくなったら、友達含めて遊ぶことはあっても2回目のデートに誘うことはなくなりますね」(29歳男性/不動産営業)

女性から距離を縮められることを嬉しいと思う男性もいますが、1回目のデートでいきなり距離を縮めすぎるのは危険です。

お互いまだ相手のことを探っている状況で、過剰なボディタッチやプライベートなことをズケズケと質問責めにするのは、デリカシーがない女性と判断されがち。

気になる相手と距離を縮めるときは、段階を踏むことが大切です。

多くのコミュニケーションを取り、お互いのことを理解した上で、少しずつ距離を縮めていくことを意識しましょう。

常に手元にスマホがある

「デートをしているときに常にスマホを持たれていると、楽しくないのかなと思ってしまう。たとえ楽しいと思ってくれていたとしても、スマホばかり触っている女性に対して良い気はしないです。

デートはお互いの目を見て会話を楽しみたいので、スマホはできるだけ気にしないでほしい。とくに初めてのデートでやられると、すごく印象が悪くなります」(31歳男性/消防士)

気付くとスマホを触ってしまっている……という方も多いのではないでしょうか。

しかし、デートのときにスマホを触りすぎると、男性に「自分に興味がないのかな」や「楽しくないんだな」などの不快な思いを抱かせてしまうかも。

デート中は、重要な用事がない限りできるだけスマホは触らないよう気を付けましょう。

素敵な場所や食事などを写真に収めたいときもあるかもしれませんが、ほどほどにして、相手とのコミュニケーションを大切にしてくださいね。

お礼を言わない

「お礼を言えない女性はちょっとないかな……。恩着せがましくするつもりはないですが、やっぱり人としてなにかしてもらったときにお礼を言うのはあたりまえじゃないですか。

そんなあたりまえのことができない女性には、どんなに顔がタイプでも魅力を感じないし、また会いたいとは思わないです」(30歳男性/金融業)

デートの際に、男性にお店や行き先を決めてもらったり食事代を出してもらったりすることもあるでしょう。

そんなとき、やってもらって当たり前だという態度でお礼を言わないでいると、とても印象が悪くなります。

なにかしてもらったときには、毎回感謝の言葉を伝えることが大切です。

そうすることで、お互いに楽しくデートを過ごすことができるでしょう。

帰宅後にもう一度感謝のメールを送るのもおすすめです。

お礼をきちんと言える女性は、礼儀や常識、社会性があると判断されます。

また、男性が良い気分になれるので、次のデートに繋がる可能性も高くなるでしょう。

初めて会った日の印象がその後を左右する!

初めてのデートを終えて次に繋がるかどうかは、女性の言動によって大きく変わるということが分かっていただけたと思います。

恋愛は、出会った日の対応がその後の展開に大きく関わってくるものです。

男性と会った後、なかなか次に繋がらなくて悩んでいる方は、相手を思いやり良い印象を与えられるような行動を心がけましょう。

(愛カツ編集部)