お互いが好きどうしになって付き合った相手なのですから、できれば愛をはぐくんで、将来をいっしょに考えられたら素敵でしょう。

ですがいざ付き合ってみたものの関係がうまくいかずに、数か月で別れるカップルもいるでしょう。

その原因とはなんなのでしょうか。今回は「付き合っても、すぐに別れてしまう女性の特徴」を紹介します。

自分を振り返ってみて。付き合っても、すぐに別れてしまう女性の特徴

相手のペースに合わせない

「こっちの気持ちも考えて行動してもらわないと、付き合いは成り立たないですよね。なにをいっても意見を曲げないし、話を聞かないし、それで意見を言いつづけたらウザイから別れようってなった子がいました。どれだけ自分中心なんだよ!って思います(笑)」(30歳男性/事務)

相手のことを大切に思えないからこそ、やってしまうこと。それは、相手のペースに合わせないことです。

自分のペースで恋を進めようとしている女性に対し、男性は息苦しさを覚えます。

そして「俺っている意味あるのかな」と考えるようになってしまうのでしょう。

「恋」に恋している

「恋をしたい!って気持ちが強いのかもしれません。誰かのことを好きだと思って、ドキドキしているのが好き。だから、両思いになってしまったらドキドキ感が一気に減ってしまうんです。付き合ってみたらなんか違うな~となって、別れてしまうんですよね」(27歳女性/飲食店スタッフ)

恋愛に憧れを抱いている女性のなかには、恋そのものに憧れがある人がいます。

お付き合いが始まるとドキドキ感が減ってしまうので「ドキドキしなくなってきたから、好きじゃなくなってきているのかも」なんて考えに陥ってしまうのです。

お付き合いが長くつづかない理由、それは「恋」そのものに恋をしてしまっているからだと考えましょう。

彼ではなく「恋している自分」が好き

彼ではなく「恋している自分」が好き

「わたしは付き合っても自分優先だから、彼が行きたい場所ではなくて自分が行きたい場所でご飯を食べたいし、一人になりたい日は一人になります。それを伝えるとワガママだと言われて、ムカついて別れちゃうけど……。彼のことが好きというよりは、恋している自分が好きなのかも」(29歳女性/総務)

恋愛で大切なのは、自分だけではないということに気がついているでしょうか。

誰よりも自分のことが大好きな人は、なかなか恋愛が長続きしにくいかもしれません。

誰かのことを好きになって、自分以外の誰かのために一生懸命になることが恋愛の楽しさ。

自分以上に大切な人ができることも、恋愛ならではの貴重なものです。

単に恋している自分が好きだ!という人は、相手をむげに扱ってしまい、交際がつづかない傾向があります。

恋している自分が好き……ただ、恋をするには相手が必要だから、相手男性を巻きこむ。こんな気持ちでは、長続きする訳ないでしょう。

自分の恋愛観を再確認して

自分のことが大事だというのは、誰もが同じ。でも自分同様に大切な人がいつかできて、そしてずっと一緒にいたいと思うようになるのです。

恋愛が長続きしない人は、もう一度自分の恋愛観について再確認してみてはいかがでしょうか。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)