じつは、ほんのひと言で、男性の心を冷めさせてしまうフレーズがあるみたい。

今回は、女性がうっかり言いがちな「余計なひと言」をご紹介します。

恋心が一瞬で冷める!うっかり言いがちな女性の「ひと言」って?

「ないわ…」

「婚活サイトで知り合った女性と食事をしているとき、僕が『車が趣味なんです』と言ったら、半笑いでその子が『ないわ』とひとこと言ったんです。それが原因でのちにお付き合いを断ったんですが、『結婚相手として付き合うなら、車みたいなお金のかかる趣味はやめてほしかった』とのこと。

だからって人の趣味にそんな言い方する必要ないと思いますね」(27歳男性/事務員)

男性の「趣味」や「男友達」に対する口出しは、ほぼ100%嫌がられてしまうでしょう。

自分の世界にケチをつけられたと感じるようです。

女性に何か言われたくらいで、好きなものや考え方を変える男性は少数派でしょう。

下手に口出しをしても、険悪になるだけで終わってしまうかと思いますよ。

「ここ来たことある」

「彼女の誕生日にレストランを予約しました。店についたら彼女が『わー嬉しい!ここ来たことあるけどおいしいよね!』って満面の笑みで言うんです。

『来たことあるんだ……誰と?元カレ?』と思ってしまって僕のテンションはすっかり下がり、なんとなく無口に。彼女はご機嫌でしたけどね」(25歳男性/美容師)

男性的に「それ、言う必要ある?」と思ってしまうトップと言っても過言ではないのが、「ここ来たことある」発言。

なんでもかんでも初めてのようなふりをするのも厳しいでしょうし、「来たことがあるといって何が悪いの?」とも思うかもしれません。

しかし「来たことがあるって言われると『こんなのとっくに知ってる』と言われた気になる」という男性は多いみたい。

「うれしい」「楽しみだな」など、経験値に関係ないコメントをするのが無難でしょう。

「行けたら行くね」

「行けたら行くね」

「女性は、こっちの誘いに気が進まないとき『行けたら行く』って言って結局来ないことが多いですよね(笑)誘いを断られるのはうれしくはないけど、はっきり答えてもらえないのはもっと困ります。

気を持たされるのが嫌というより、予定を微妙に押さえるようなことをされるとダメージが大きいです」(29歳男性/エンジニア)

はっきり断ることが苦手な女性もいるでしょう。

誘いを断っても、何度も食い下がってデートに誘ってくるような空気の読めない男性ばかりとは限ぎらないはず。

中途半端な返事をすると、かえって『はっきりしてくれよ』と印象が悪くなることの方が多いでしょう。

ビジネスでは「悪い返事ほど早く返す」のがいいと言われますが、恋愛にも同じことがいえるはずです。

「なんかあの人感じ悪くない?」

「休日のデート中に、会社の先輩とばったり。先輩が『ふーん、彼女とデートか(笑)』と、少し感じが悪かったのは事実です。

そのとき彼女は横を向いたまま、先輩にろくに挨拶もしなかった。『会社の人ってみんなあんなふうなの?あの人超感じ悪い』と怒ってましたが、あとで先輩に『お前の彼女可愛げないね』と言われた僕も立場がなかったですね」(27歳男性/会社員)

大好きな彼の知人なら、みんないい人!というわけではないでしょう。

とはいえ、男性は社会性を重視する傾向があるので、人前では彼女にもしっかりした大人のふるまいを求めがちです。

彼の顔をつぶすような態度をとったり、失礼な発言があると「ちゃんとしてない子を彼女にしている」とジャッジされるかもしれません。

たとえ相手の感じが悪くても、グッと堪えて大人の対応を心がけましょう。

発言の前に一呼吸を置いてみよう

言った方は忘れても、言われた方は意外に引きずるひとことは多いみたいです。

気づかないうちに彼をガッカリさせてしまうかもしれません。

何気ないひとことで彼に嫌われることのないように、発言の前に一呼吸おいて考えることが大切です。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)