気になる男性との距離が縮まることは、とても素敵なことでしょう。

仲がよくなっていっている実感もありそうですが、じつは注意点が一つ。彼女候補としてではなく、そのまま「女友達」として見られてしまう可能性があるのです。

それ以上の関係が臨めなくなるので、できれば女性として意識してもらいたいところですが……。

今回は「男性から『女として見られていない』女性の特徴」を紹介します。

このままじゃダメ…。男性から「女として見られていない」女性の特徴

男性からほかの女性のことを話される

気になる女性や狙っている女性の前では、男性は「ほかの女性の話」をすることはまずありません。

しかもほかの女性のことを褒める、ちょっと気になっているかのようなことを言ってくる、ということであれば、あなたにはまったく異性を感じていない可能性があります。

もはや男友達のように思われてしまっているからこそ、ほかの女性の話をガンガンされるのかも。

こういった場合は、まずはあなたの方から「好意」を見せないと、いつまでも状況は変わらないままですよ。

男性との約束が決まらない

「近々飲みに行こう」とか「食事でもしようよ」なんて会話にはなるものの、なかなかその約束が具体的には決まらない。

そういった状況がつづく場合は、友達以上には見られておらず、そもそも適当な口約束程度の気持ちで言っているだけの可能性が大きいです。

気になっている女性との約束であれば、男性はなんとしてでもそれを実現させようと動き出すはず。

ただ待っているのではなく、あなたの方からも再度誘ったりしてみないと、一向に約束は決まらないでしょうし、距離だって縮まらないでしょう。

2人きりなのに、なにもない

2人きりなのに、なにもない

2人きりという状況になれば、多少なりとも異性を意識しやすくはなるもの。

2人きりになっても男性がいつもと変わらない態度で、緊張したり動揺したりする様子がいっさいないのであれば、「女」としてはまったく見られていない可能性が高いです。

ただやはり2人きりになる回数を増やしていくのは、男性に異性を意識させるためには効果的でしょう。

2人きりで会うときにはいつもよりちょっと色っぽい格好や、女性らしいメイクや髪型にしてみてください。

彼をドキッとさせることができると、あなたを見る目も変わってくるはずですよ。

激しめの下ネタを言われる

そもそも気になっている女性の前で、下ネタを言おうとする男性はなかなかいないはず。

しかもちょっと引いてしまうような激しい下ネタは、絶対に言うわけがありません。

そういったことでも平気で言ってくるのであれば、もはやあなたのことは男友達のような感覚で捉えているのでしょう。

それに乗っかるとどんどん「女」として見てもらえなくなるので、気をつけてくださいね。

「女」を意識させよう

気になる男性から「女」として見られていなかった場合は、普段からの言動や態度を変えていくことが必要です。

そのままの状態でいたら、いつまでも恋愛対象にはしてもらえないですからね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)