彼氏の仕事が忙しくて、会いたいときに会えない。

彼氏が友達と遊んでばかりで、思うように構ってくれない……。

寂しがり屋な方なら、なおさら「寂しさ」を感じてしまうのではないでしょうか。

今回は、そんな彼氏と付き合っていて「寂しさ」を感じたときの対処法を、いくつかのパターンに分けて考えてみました。

寂しさを解消したい。彼との付き合いを充実させたい――。

そうした女性のみなさんは、ぜひ「寂しさ」解消のヒントを見つけてみてくださいね。

彼氏がいない時間も充実させる

必要以上に「寂しさ」を感じる女性は、彼氏依存や彼氏に対して過干渉な傾向があります。

愛し合える彼氏がいるのは、とても幸せなこと。しかし、恋愛だけが人生ではないことも確かです。

自分の人生をより良いものにできるかは、彼氏の有無では決まりません。

つまり、彼氏と会っていない時間を充実させられるかは、あなたの過ごし方次第なのです。

たとえば、仕事、趣味、友人関係はどうでしょうか? 彼氏がいなくても、打ち込める仕事、没頭できる趣味、楽しい時間を過ごせる友人をできるだけ増やせられるといいですね。

そうすることで、彼氏と過ごす時間の意味も変わってきます。

彼氏依存や過干渉になることなく、必要以上に「寂しさ」を感じることもなくなることでしょう。

ネガティブ思考をストップさせる

客観的に見て、彼との関係に問題がないにも関わらず、寂しさのあまり「もっと私ことを優先して!」と言ってしまうようであれば、考え方を改める必要がありそうです。

彼が構ってくれないのは、私への気持ちが冷めているんじゃないか……。彼が浮気をしているんじゃないか……。

そんな風にネガティブ思考に囚われているなら、考えるのを止めてしまいましょう。

それよりも好きなコトをしたり、取りたい資格試験の勉強をしたり、友達と会って気分転換をしたほうが、より充実した時間を過ごせるはず……!

ネガティブ思考に囚われると、「寂しさ」は増すばかりです。考えても仕方のないことは考えない、とポジティブ思考にシフトさせることが大事です。

彼氏に寂しさを打ち明ける

仕事や友人関係ばかり優先してしまう彼氏もいます。

仕事上の付き合いや、プライベートな時間が大切なことは分かっていても、そればかりではやはり「寂しさ」を感じてしまうというもの。

そんな風に、彼との関係に不満があって「寂しさ」を感じているのなら、自分の気持ちを思い切って彼に伝えてみましょう。

あなたの感情を察してくれる勘の良い彼氏ならいいですが、言葉にしないと伝わらない男性も少なくありません。

彼からの行動を待つのではなく、自分から行動を起こすことが大事です。

「寂しい」と感じたら、自分からLINEを送ったり、電話をしてみたりするのもいいでしょう。

彼氏にありのままの気持ちを伝えることで、絆が深まることもあるかもしれませんよ。

自分にも彼氏にも正直になる

寂しがり屋の自覚があるなら、彼氏にそのことを伝えてしまってもいいかもしれませんね。

あとは、あなた自身の性格と上手に向き合うことが肝心です。

他にも、彼氏と過ごしていない時間も充実できると、「寂しさ」は少しずつ減っていくでしょう。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)