気になる男性とはメッセージのやり取りやデートを通して、距離を縮めていきますよね。

しかし緊張しすぎてうまく話せなかったりやる気が空回りしたりすることもあるでしょう。

そんなことがあっても落ち込む必要はありません。一歩ずつ、ステップアップしていけば大丈夫です。

今回は「恋愛コミュ力をアップさせる秘訣」を紹介します。

気になる男性を落とそう!恋愛コミュ力をアップさせる秘訣4つ

相手の地雷の話題を知っておく

触れていい話題やいけない話題を頭に置いておくのは大切なことです。

「会話がつづかない!」と焦って変えた話題が、2人の間を気まずくするようでは、悔やんでも悔やみきれませんよね。

デートでしないほうがいい話は、人の悪口、グチ、政治や宗教ネタ、過去の恋愛の話題など。相手が大事にしていることがなにか、によっても大きく変わります。

たとえば、軽自動車に乗っている彼に「車は詳しくないから、乗れればいいの」と言えば彼をほっとさせることがあるはず。

ですが車にこだわりのある男性に「車はどうでもいい」と言えば、彼のテンションは下がりますよね。

相手のステータス(学歴や仕事など)や嗜好(趣味や特技など)はそれとなくチェックして、地雷を踏まないようにしましょう。

沈黙を恐れない

デートはお互いのことを知る場ですが、常になにか話をしなくていなくてもいいんです。

盛り上がっていないのに無理に会話をつづけようとすると、触れなくていい話題を掘り下げてしまったり自分の情報を出しすぎたりと、いいことはありません。

女性が焦って会話を提供しようとがんばりすぎてしまうと、彼からすると自分の話を聞いてもらえなくて、嫌な気持ちになるかも。

また女性はダラダラと話しつづけるのを楽しめる人が多いですが、男性はなにかと話にオチを求めるもの。

どんな会話にも意味を求めてしまう人も多いので、オチのないマシンガントークを苦痛に感じることだってありそうです。

つまり、しゃべりすぎは恋愛コミュ力ダウンの原因になりかねません。

男女の仲が進展するのはどんなときか考えてみて。ガンガン話しているときではなく、ふとした沈黙のなかの可能性だってありますよね。

いいカップルの条件として、「沈黙を心地よく思えること」も挙げられています。

決して沈黙を恐れず、焦らないで会話を楽しみましょうね。

彼に質問する

彼に質問すると会話が途切れず、話をよく聞いているアピールにもなります。

たとえば彼が「いまかかってる曲好きなんだ」と言ったら「私も好き!こういうのが好きなら、普段はほかにどんなの聞くの?」と聞いてみましょう。

また個人的な質問をするより、見ているものから会話を展開させることで、自然な感じで会話を楽しむことができます。

目の前にあるものの話をする

でなにを話せばいいか分からないときは、「いま2人の目の前にあるもの」から話題を広げていくのがおススメです。

相手のことを知りたいあるいは自分を知ってもらいたいからと個人的な話をしがちですが、これは2人の距離を遠くさせる原因。親しい人に個人情報の質問って、あまりしませんよね。

「あなたのことを知りたい」とアピールしすぎると「あなたのことはまだ知らないのに、どうして」と思わせてしまうこともあります。

同じものを見てその話題を楽しむうちに、自然と親しくなるのです。

自然に会話を広げよう

仲のいい友達や家族以外と話すことは誰にとっても最初は難しいもの。

でも、「なにを話そうかな?」というドキドキ感は好きな相手だからこそ感じることでもあります。

せっかくのドキドキも楽しみつつ、自然に会話を広げる練習をしてみましょう!

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)