ほかの男性とちょっと関わっただけなのにムッとする、嫉妬深い男性と付き合ったことはありませんか。

それだけ嫉妬深いと、そのうち「元カレ」のことまで持ち出す可能性もありそうです。

元カレのことをいま言われても「じゃあどうすればいいの……」と思うかもしれません。

そこで今回は「彼氏が抱いている『元カレへの嫉妬心』をおさえる方法」を紹介します。

彼氏が抱いている「元カレへの嫉妬心」をおさえる方法3選

「これまでの経験がいまの私の元」だと伝える

過去に縛られて、いまのあなたをまっすぐに見れなくなっている彼。

そんな嫉妬深い彼には、「いまの自分があるのは、元カレに限らず様々な人と関わってきた結果だ」ということを知ってもらう必要があります。

いい出会いもあったし、悲しい別れもあった…それでいまのわたしができてるんだよと話すのです。

そのうえで、「これから一緒に過ごして、もっと素敵な女性にしてね」なんて甘えてみるのがベスト!

彼もキュンとして、元カレのことなど忘れてあなたを抱きしめたくなることでしょう。

聞かれたことには素直に答える

何度も元カレとの交際の経緯やどんなところに行ったのかなどを聞かれたら、さすがにイラっとしてしまいますよね。

でも、そこでイライラを顔や態度に出してしまうのはよくありません。

嫉妬深い彼は、あなたの態度が悪くなることで余計に「過去の交際について知りたい」「なんとか聞き出したい」と意固地になっている可能性があります。

一番望ましい行動は、聞かれて面倒だなと思っても、素直に彼が知りたい内容に答えてあげること。

元カレとの思い出話を聞くうちに、彼氏も段々と「もう知りたくないな」とか「知らなきゃよかったかな」と自分で感じるようになるのです。

嫉妬深い彼の気持ちを抑え込もうと、過去をかたくなに秘密にしてしまうのでは逆効果。

彼が知りたがった以上のことを話すくらいの勢いでいきましょう!

「あなたが一番」だと伝える

嫉妬深い彼の傾向としていえるのが、「一度はおさまっても、またなにかあると嫉妬心が再燃する」ということ。

ですので、何度も元カレのことについて聞いてくることがあるかと思います。

そのたびに過去をほじくり返すのは、あなたもつらいことでしょう。

しかし、彼の気持ちに寄り添って、何度でも彼の求める情報を与えてあげてみて。

そのあとは必ず「いままで付き合った男性のなかで一番素敵だよ」と一言を添えられるといいでしょう。

ちょっと自信が持てない彼でも、昔の彼と比べても一番だと聞けば安心!そして彼の自信にもつながります。

嫉妬心は彼の愛情

彼氏に対して「面倒だな」「粘着質すぎる……」と思うこともあるかもしれません。

しかしそれは彼があなたへ愛情を一身に注いでいる証でもあります。

真正面から受け止めてあげることによって、次第に彼の嫉妬心も落ち着いていきますよ。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)

●バレてるかも?彼女に「過去の恋愛の影」を感じる瞬間