「付き合えるまであとちょっとだったのに、音信不通になってしまった……」「合コンで気になる人と出会えたのに、少しやりとりをしただけで終わってしまった……」。

こんな経験をした人も多いのではないでしょうか。

もしかしたら気づかないうちに前のめり感が出てしまい、男性が引いてしまったのかもしれません。

じつはモテる女性がわざとやっている、あるテクニックがあるようです。

そこで今回は、モテる女性が「あえて」しているテクニックをご紹介します。

それありなの?モテる女性が「あえて」しているテクニックとは

「あえて」カジュアルファッションでデート

「私は骨格ががっしりしているので、レースやフリルを着るとごつく見えてしまう。むしろカジュアルにしたほうが、女性らしさが出る気がします」(24歳/飲食)

「いつもはスカートなんだけれど、あえてワイドパンツでデートに行ってみた。そしたら『そういう格好嫌いじゃない』と褒められました」(30歳/受付)

バッチリ決まったモテファッションも良いですが、逆にラフなカジュアルファッションのほうが、華奢に見せてくれることもあります。

カジュアルだけれど鎖骨や足首を見せることで、女性らしさを作ることも可能。

また普段はガーリーファッションでも3回に1回はカジュアルにするなど、ギャップを作っても良さそうです。

「あえて」次の日にLINE

「街コンで超タイプの人がいたので、夜に速攻『今日は○○さんに出会えて最高でした!』とLINEを送ったら既読無視されました……」(29歳/販売)

「1日経ってからお礼の連絡をしたほうが、意外とすぐに次のデートが決まる気がする」(27歳/営業事務)

集まりがおひらきになってから、もしくはデート後、バイバイをしてからすぐに連絡をする人もいるでしょう。

でもそうするといかにも「あなたのことしか考えていません!」という雰囲気が前面に出てしまい、男性が引き気味になってしまうことも。

ゆっくり睡眠をとってから連絡をしたほうが、冷静な内容のLINEが送れるのかもしれません。

「あえて」SNSは聞かない

「Twitterやインスタでつながっちゃうと、もはや話すことがなくなってしまう。私は基本LINE以外は教えないようにしています」(25歳/経理)

SNSからケンカになり、そのまま別れてしまうケースも珍しくありません。

彼とよっぽど親しい間柄になるまでは、SNSは教えないほうが良いとの声が。

またどちらかが頻繁にSNSを更新していると、それだけで今日あった出来事がわかってしまいます。

そのためいいねをするだけで終わってしまい、とくに個人的に連絡を取ることもなくなってしまうようです。

モテの固定観念をとっぱらってみて

モテると思ってやっていたことが、意外と逆効果になることもあるみたい。

いつも恋が上手くいかないという人は、「あえて」反対のことをしてみるのもアリかもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)