あなたは男性に甘えるのが得意ですか?

甘えたい気持ちはあっても、「相手にどう思われるか不安」「ぶりっ子に思われないか……」といった方は、じつは少なくありません。

そこで今回は、「かわいい!」と思われる甘え方を、男性の実体験を交えてご紹介していきます!

かわいい子だな~♡男性が喜ぶ「甘え方」と「タイミング」

「ありがとう~!」とかわいく言う

「職場の同僚はお願いをするのがすごく上手な子なんです。『○○さん、お願いしてもいいですか』という感じで、頼み方自体はごく普通かもしれません。

でも、どんなときも『ありがとう~!すっごい助かる!』と可愛く返事をしてくれるので、つい頼みを聞いてあげたくなるんですよね(笑)」(27歳男性/営業)

男性に頼みごとをしたいとき、最初から甘えた声だと、ぶりっ子のような印象を与えることもあります。

相手に快くOKしてもらいたいなら、思いっきりかわいく甘えた声でお願いするのがおすすめ!

後日改めて感謝を伝えたり、お礼をしたりするなら、さらにポイントが高くなるはずですよ。

仕草で甘える

「普通の女性なら、『○○して~』と、言葉で甘えてくるイメージがありますけど、僕の彼女は逆。まずは仕草や行動で甘えてくるんです。

彼女が無言のままスッと頭を僕の胸に傾けてきたら、そっとナデナデしてあげます。言葉がない分、ギュッとしてあげたくなるんですよね」(25歳男性/事務)

言葉でなくても仕草や行動で甘えてみるのも、相手を刺激できるので、いいかもしれませんね。

彼と手をつなぐときに、そっと触れてから微笑んでみるなども良さそうです!

頑張ったあとにおねだり

「以前働いていた職場の先輩とお菓子作りにハマっています。ただ、ちょっと不器用な先輩は、よく失敗するので、お菓子を焦がしたり生焼けにしたりすることも……。

恥ずかしそうに『週末は来れる?』『やり方教えて~』とか言われると、正直、たまらなくかわいいので放っておけないなぁ~って思ってしまいますね」(29歳男性/自営業)

男性になにかを手伝ってもらったときは、できるかぎり自分で頑張る!というスタンスでするのが、可愛い甘え方にするコツですよ。

ただし、めんどうな後始末や処理を押し付けないように注意してくださいね。

「どうしたらいいのか一生懸命考えたけど不安だから教えてほしい……」とアドバイスを求めるのもOKですよ!

素直に甘えよう

相手にかわいく思われることばかり狙って甘えていると、逆にいい印象を与えにくくなるものかもしれません。

むきになったり意地を張ったりしないで、「ありがとう!」「うれしい!」「愛されたい!」「お願い助けて!」という素直な気持ちで甘えれば、何倍もかわいく見えるようになるはずです!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)