交際中であれ、交際前であれ、男性は女性の考えていることがなかなか理解できないものです。

「本当はどうしてほしいの?」と戸惑ってしまうことも多々あるでしょう。

そこで今回は、男性が「不安になるNG言動」をピックアップしました。

彼氏や好きな人の心を遠ざけてしまうことがないよう、自分の言動と照らし合わせながらチェックしてみてくださいね。

「本当はどうしてほしいの?」男性が不安になる、女性のNG言動

「私は別にいいよ」という返答

「暑い日のデートで、『冷やし中華』を食べに行くことに。彼女がメニューを見ながら悩んでいたので『あれ?ほかの店がよかった?』と聞くと、『私は別にここでもいいよ!』とぶっきらぼうな返事が……。

明らかになにか不満がありそうでしたが、原因がわからないだけに、今後が不安です」(27歳男性/人事)

わざわざ言うほどでもないけれど、なにかちょっと引っかかる……、なんてこともありますよね。

心のどこかで相手に「察して欲しい」と願ってしまうことはあるかもしれません。

でも、中途半端に不満そうな態度を見せるくらいなら、ハッキリ「こうしてくれたほうが嬉しい」と伝えたほうがいいのかもしれませんね。

心配するLINEにスタンプのみ

「体調を崩した彼女に『なにか買っていこうか?』『なにかしてほしいことがある?』とLINEをしたんですが、返信は『ありがとう』のスタンプのみ……。

きっと、『なにもいらないから大丈夫』って意味なんだと思いますが、せめて言葉で伝えて欲しいですね。あとから『なにもしてくれなかった!』なんて言われたくないですから……」(31歳男性/自営業)

体調の悪いときに来てくれたら嬉しいけど、助けが必要なわけでもないし、それをうまく伝えられるほどの元気もない、なんてときもありますよね。

そんなときは、「いる・いらない」をハッキリ伝えつつ、「してくれたら嬉しい」をベースにワガママを言ってみましょう!

褒めたあとの反応が微妙

「マッチングアプリで知り合った子に、『そのスカート可愛いね!』と勇気を出して言ってみたんですが、『いや、そんなでも……。いつもこんな感じだよ』という微妙な反応。

褒め方が悪かったのか、それとも照れ隠しなのか……。結局その子とのデートは一度きりでした」(23歳男性/経理)

素直に褒めるという行為は、男性にとってなかなかハードルが高いこともあります。

とくに「かわいい」という言葉は女性ほど使い慣れていないため、恋愛初心者にはかなり勇気が必要でしょう。

もし、「かわいい」「似合ってる」など、褒め言葉をもらったら、ちょっと大げさすぎるくらい喜んであげるのが、いいかもしれませんね!

微妙な気持ちはあとから伝えよう

恥ずかしい、面倒くさい、不満があるなど、微妙な気持ちのまま男性に接していると、相手に不安を与えてしまうことがあります。

まずは、「嬉しい!」「もっと○○して!」などをはっきり伝え、微妙な気持ちはあとから伝えるようにしてみてくださいね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)