男性から自虐ネタを言われて、反応に困ったという経験はありませんか?

同じく男性も、女性からのネガティブ発言にどう反応していいか分からず、困ってしまうという場合もいます。

男性はどういった自虐ネタをされると反応しづらいと感じるのかを紹介していきます。

相手を困らせてない?男性が「反応しづらい」女性のネガティブ発言

「ごめんなさい。楽しくないですよね」

「一気に喋っていて、いきなり我に返った感じで『ごめんなさい。楽しくないですよね』っていう女性がいますが『楽しいよ』としか返せないですよね。
でも『そんなことないですよ、ごめんなさい』ってなるんですよ。あれは困ります」(28歳男性/アパレル)

女性がこういった反応を示すときは、相手が気になる人である可能性がかなり高いのだとか。

しかし、男性からすると、ちょっと困る反応のようです。

確かに「楽しかった」として答えるしかないので、そこから話を盛り上げるトーク力がないと困ってしまいますね。

「もう若くないから……」

「20代後半の女性とお酒を飲んでいるとたまに『私はもう若くないから』とか言われるけど、あれは反応に困りますね。
若い女性に勝てないって思ってるんでしょうね」(30歳男性/エンジニア)

自分の年齢にコンプレックスを抱いている女性がよく口にするセリフですね。

女性の前で年齢のことを口にすることはタブーと思っている男性も多いのは確か。

どんなセリフを返したらいいのか分からないというのが正直なところでしょう。

「私って面倒くさい人間なんですよ」

「私って面倒くさい人間なんですよ」

「『私って面倒くさい人間なんですよ』って言ってきた女性がいましたけど、あれは反応に困りました。
その報告をする女性は、どんな反応をしてもらうことを期待してるのか分からないです」(32歳男性/人事)

「自分は面倒くさい人間だ」と自虐的なことを言うことで、相手にがっかりされないように予防線を張っているのでしょう。

しかし、男性からすると、その予防線が理解できないようです。

「自覚しているなら直したらいいと思う」とケンカの原因にもつながるので、逆効果になってしまう恐れがあるようです。

「私ってウザいですか?」

「この前デートした女性がいて、一緒に飲んでいたら『私ってウザいですか?』って言われて焦りましたね。
つまんなそうな顔してたかな、とか考えちゃいましたしね。そういう発言されると、気を遣わないといけなくなるから困りますよね」(26歳男性/営業)

女性がウザいのではなく「ウザいですか?」と聞くその台詞がウザいと思われてしまうというパターンですね。

こういった台詞をいうことで気を使える女性ということをアピールしたくなる人もいるようなのですが、逆効果である可能性が高いので注意が必要です。

ネガティブな発言には気を付けよう

気になる人の前だと、自虐的なことを言って相手にがっかりされないように予防線を張ることがあるかもしれません。

しかし、ネガティブすぎる発言だと男性は反応に困ってしまうようです。

「男性からすると退屈な話題でしたよね。でも○○さんが聞き上手だから話しやすかったです」

と、相手を褒める一言をいれるといいかもしれませんね。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)