大好きな彼に「結婚しよう」と言ってほしい。

でも、「友達がね、結婚したんだって」などと話しても、「ふーん」と興味なさげ……。

それどころか、こちらから「結婚しない?」と言っても、いつも曖昧な返答だけ。そんな経験はありませんか?

女性は適齢期頃になると、彼との結婚を本格的に考え始めることもありますよね。

しかし、男性はなかなかそんな気にならないこともあるようです。

彼はなぜ結婚しようと言ってくれないのでしょうか。彼の裏側に潜む本音に迫っていきましょう。

なぜ?結婚を決断してくれない彼の本音とは

今は仕事が楽しい時期だから

彼が結婚に対して曖昧な返答しかしてこないときってありませんか?

もしかしたら「今は結婚よりも仕事に集中したい」と思っているかもしれません。

「今は自分が社会人としてステップアップすることが優先」と、仕事に熱が入っている場合も。

仕事に熱中している時に、結婚という大事な決断をするのは申し訳ないと考えていることもあるでしょう。

「性格」が不安だから

結婚は一生のことですし、これからの生活でもあります。

そのため、ともに暮らす相手の「性格」について気になる点があるときには、結婚を躊躇してしまうのだとか……。

たとえば、「家事は一切やりたくない」「子どもが嫌い」「浪費グセがある」など……。

付き合っているときなら「かわいいワガママ」や「しょうがないな」で済んでいたことも、結婚となると厄介に感じるのかも……。

その場合は、自分磨きに注力してみるのも良いでしょう。

家庭を支えるほどの自信がないから

今のご時世、いつリストラにあうのか、減給されるのか、仕事絡みの悩みは尽きないもの。

ですが、やはり多くの人が「結婚するからには、ある程度の経済力も必要だ」と考えているようです。

場合によっては、「もし『専業主婦になりたい』と言われても支えられるようにしないと……!」と考えているのかもしれません。

そんな場合は、余計にプレッシャーがかかるものです。

しっかりしていて責任感ある男性ほど、経済的な面で結婚に踏み切れないことがあるでしょう。

「もし子どもが出来たら、子どもの習い事代は私が頑張ろうかな」など、経済面をフォローするような姿勢を見せても良いかもしれません。

周りの既婚者が幸せそうじゃないから

彼の周りの既婚者があまり幸せそうでないとか、離婚が多いとか、結婚に夢を見られないこともあるようです。

その場合、「結婚はあまり良いものじゃないんだな……恋人のままで良いかも」と思ってしまうこともあるかもしれません。

ですが、彼に寄り添って結婚は良いものであるとプラスに持っていくことも可能でしょう。

彼に「支え合う関係を深めていきたいな」など、安心させてあげるような言葉を投げかけてみても良いかもしれませんね。

彼の心に寄り添うことで、一生一緒にいたいと思わせる女性へ更に近づいていきましょう。

彼の気持ちに、もっと歩み寄ってみましょう!

なかなか彼が結婚に踏み出せない理由。

それは、経済事情であったりお互いの性格だったりするのかもしれません。

真剣だからこそ、大事な決断に踏み切れずにいる場合もあるようです。

彼を責めずに、寄り添ってあげることも大切なのかもしれませんね。

自分に寄り添ってくれるあなたの姿を見て、彼の中に結婚の決意が芽生えることもあるでしょう。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)