お付き合いが長くなると、彼との結婚を意識するのも不思議なことではありません。

ただ、なんとなくプロポーズをされそうな雰囲気を感じることはあっても、なかなか「結婚してください」と言ってもらえない……と悩んでいる女性もいるはず。

もしかしたら、恥ずかしがり屋で無口な彼のアプローチに気づいてあげられれば、プロポーズの言葉を引き出せるかもしれません!

そこで今回は、男性が「プロポーズをする前触れ」についてご紹介します。

ついにキタ!プロポーズを予感させる彼の言動

ふたりの将来について話す

将来のことを話題にするのは、幸せな将来を前向きに考え始めている証拠です。

たとえば、デート中に、「子どもは◯人くらいほしい」「こんなマイホームに住みたい」なんて話題を出されたら、プロポーズされる日はそう遠くないかもしれません。

彼の理想のライフプランが聞けたときには、自分の結婚観についても真剣に伝えてみましょう。その流れで、彼からプロポーズ……なんてことも?

記念日にデートをしたがる

誕生日や出会った日、クリスマスなどのイベント時に彼から積極的にデートの約束をしてきたら、「この日を特別な日にしたい!」と考えているのかも。

つまり、プロポーズをするにはこうした記念日が絶好の日と考えているのです。

ふたりにとって思い出の場所や、豪華なレストランなどの特別なプランだとしたら、サプライズプロポーズが計画されているかもしれません!

指輪について聞いてくる

デート中に、デパートのアクセサリー売り場を見に行こうとしたり、好みのデザインなどを聞いてきたり……。

不器用な男性は、そうやって結婚指輪を探しているのかもしれません。

もしダイレクトに、「指輪のサイズって何号?」と聞かれたら、「サプライズじゃないのか……」とがっかりせず、きちんと答えてあげましょう。

こうした言動が増えたら、キラリと光る指輪を見せながらのプロポーズも間近です。

プロポーズは彼にとっても大切なイベント

プロポーズは男性にとっても一世一代の大仕事。

なので、照れる気持ちと彼女を喜ばせたい思いで、一生懸命にシチュエーションを考えるはずです。

プロポーズの前兆は必ずあるので、彼の行動がいつもと違うなと思ったら、期待しつつ、プロポーズを受ける心構えをしっかりしておきましょう。

そのときがきたら、「よろこんでお受けいたします」と前向きな返事で、彼をよろこばせられると良いですね!

(愛カツ編集部)