ふたりで出かけることもあるけど、まだ友達以上恋人未満な関係……そんなときに、ボディタッチでアプローチするのも有効です。

とはいえ、しつこくベタベタと触れてしまうと、相手に「慣れてる」と思われてしまい、悪印象を与えてしまうかもしれません。

そこで今回は、彼との距離を縮める「ちょうどいいボディタッチ」についてご紹介します。

触れてもいいの?男心をくすぐるほどよいボディタッチ

服に触れる

手や肩などの体に触るのではなく、服の裾を引っ張ってみたり、袖を引っ張るなど服を触るのも有効です。

しかし、あまり頻繁にやりすぎると、「あざとい」や「ウザい」などと思われて、警戒されてしまう可能性もあるので要注意。

体に触れるよりもハードルが低いからこそ、ここぞというときにだけにしましょう。

恥ずかしそうに洋服の裾を引っ張る姿に、男性は思わずキュンとするはずです。

軽く肩を叩く

待ち合わせのときなどに軽く肩を叩くのも、ドキッとしてもらえるテクニックです。

それに、挨拶代わりのボディタッチということで、そこまで不快に思われることもありません。

でも、やはり触り過ぎはNGです。たとえ相手に気づいてほしい場合でも、頻繁に肩に触れるのは控えましょう。

あくまで自然に、相手に不快感を与えないようにすることが大切です。

まだやったことのない場合は、勇気を出してトライしてみるのもいいかもしれません。

触れそうで触れない距離を保つ

気になる彼とのデート中に、意図せずに手が触れてしまうというときがあります。

そんなときは、すぐに手を引っ込めてしまうのではなく、触れそうで触れない距離をキープしてみるのも効果的です。

触れたい気持ちを抑えて、もどかしい距離を保ちながら歩いていたら、彼のほうから手を握ってきて……なんてこともあるかもしれません。

男性に期待させる距離を保ちつつ、あえて触らないという駆け引きが大切です。相手だけではなく、自分もドキドキ感を味わうことができますよ。

適度な距離を保って

ボディタッチの基本は、しつこすぎないことが重要です。

恋人同士で触れ合うのは問題ありませんが、まだ付き合っていない段階で相手に触りすぎると、不快に思われてしまうかもしれません。

頻度に注意しながら、さりげなくボディタッチをするのが相手をドキドキさせるコツです。

(愛カツ編集部)