年上女子にトキメキを感じる男性も少なくありません。

しかし、時には悪い意味で「やっぱこの人はおばさんなんだな……」とガッカリしてしまうこともあるようです。

できれば「おばさん枠」にカウントされるのは避けたいですよね。

「やっぱり年の差ってキツいな」と悪い意味で意識するときってどんなときなのでしょうか?

男性が悪い意味で「やっぱ年上だな…」とガッカリするときとは

年上なことを自虐してくるとき

「僕はけっこう肌がキレイなほう。
同年代の女子にも『なんでそんなに肌がキレイなの?いいな』なんて言われることもあります。

でも、年上の彼女が『やっぱ若いっていいなぁ。私ってやっぱ歳だね(笑)』とか言ってくるのは返答に困るかも……」(24歳男性/美容関係)

「年を取るとこんなネガティブなことが起きる」ネタを嫌がる年下男子も多いようです。

「そんなことないよ」と言ってほしい気持ちもあるかもしれませんが、グッと堪えるのが無難でしょう。

「年上らしく凛とした奇麗なお姉さんであってほしいな」と期待しているときもあるようです。

口調が説教のようなとき

「6歳上の彼女は、ちょっとした仕事のグチにもいちいち解決策を押し付けてくる。
『こういう対応はできなかったの?』とか『頑張ればできるんだからちゃんとしなきゃ』とか……。

年上だからって説教されたくて付き合ってるわけじゃないんだよね。できれば説教じゃなくて、癒やしてほしいなぁ……」(26歳男性/自由業)

ただ何となくグチを聞いてくれるだけでいいのに。お説教じゃなくて癒しがほしいなぁ……。

男性にも、そんな気分の日があります。

年上だからと「できる女に見られたい」という気持ちを持ち過ぎると、年下男子からは「偉そう」と思われてしまうかもしれません。

口ずさむ曲が明らかに古いとき

口ずさむ曲が明らかに古いとき

「彼女が料理を作ってくれているときによく口ずさむんだけど、姉と同世代の曲なことが多くて……。
そういうとき『やっぱり年が違うんだなあ』と思う。悪いことじゃないけどね」(21歳男性/学生)

このカップルは8歳差とのこと。

カラオケの選曲、就職活動の状況、流行ったギャグ、Webサービスあたりは世代の差を感じやすい部分のひとつです。

彼の周囲のトレンドにも少し意識をむけるようにするのも、大切かもしれませんね。

若作りに見えるファッションをしている時

「僕の場合は、大人っぽい服が好きだったりもするんだよね。
だから、8個上の彼女が僕と同世代の女の子の服装をしていると、ちょっとガッカリしちゃうかな。

もちろん、年の差を埋めたくて頑張ってるのはわかるんだけど……。
お姉さんはお姉さんっぽくしていてくれるほうがずっとキレイだなって思っちゃう」(25歳男性/アパレル)

「憧れのお姉さん」路線を目指したほうが、年下男子に効くこともあるかもしれませんね。

彼に「どんな洋服を着てほしい?」と聞いてみちゃうのもありかも!

年の差を気にせず自然のままで!

自分が年上なことにこだわりすぎたり、年の差がはっきりわかるような話題をあえて選んだりしてしまうと「なんか違うな」と思われる原因に。

彼や、彼の周りの若いコに張り合わない姿勢も大事ですよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)