わざと仕掛けた恋愛テクニックよりも、自然なふるまいの方が男性の心をくすぐることもあるでしょう。

今回は、男性が「俺の彼女、かわいい……」と見惚れてしまった瞬間についてご紹介します。

いったいどのようなシチュエーションで、「かわいい」と感じたのでしょうか?

一緒にいるだけで幸せ…「俺の彼女、かわいい」と思ったエピソード3つ

結婚の話題を出したとき

「『どんな結婚生活が理想?』と聞いたら、楽しそうに『まずはアパートに住んで、それからマイホームを建てて~』『子どもは男の子と女の子ふたり欲しいな』と話し出した。その姿を見ていたら、『夢を叶えてあげたいな』と幸せな気持ちになりました」(27歳/商社)

実現するかどうかは分からなくても、理想くらいは伝えてもいいはず。

逆に、「別に結婚なんて考えていない」「どうせ私と結婚したくないんでしょ?」など、卑屈な反応はかわいげがないと思われてしまうでしょう。

もしかしたら、彼女の願いを叶えようと意識してくれるかもしれません。

何かを探しているとき

「周りをキョロキョロ見回しながら、俺を探してくれていた。その姿がドストライクすぎて、1日中幸せな気分だった」(28歳/接客)

たとえば待ち合わせ場所で、彼をキョロキョロ探しているところを見ると、「早く声を掛けたいけれど、かわいすぎてずっと見ていたい!」と思うそうです。

いっぽうで、彼が来てくれるまでスマホばかりいじっているとマイナス印象を与えるかもしれません。

会った瞬間から笑顔になれるように、スマホを使用はほどほどにしましょう。

うっかり間違えたとき

「お腹が空いていたらしい彼女は、店員さんが料理を運んでいたときに『やっと来るね~!』と大喜び。でも実は隣の人が注文したものみたいだったようで……。勘違いした彼女はちょっぴり恥ずかしそうにしていたけれど、俺からすると愛おしかったです」(32歳/営業)

本人からすると恥ずかしい場面ですが、周りがクスっと笑えるような間違いは、人間味があってかわいらしいものです。

完璧じゃないからこそ、惹かれるものもあります。

「間違えることが怖い」「恥ずかしい思いをしたくない」という気持ちから、あまり自分の素を出せていない人がいたら、ちょっともったいないかもしれませんよ。

彼女だからこそかわいい!

お付き合いをしている相手だからこそ、普通の人から見たらなんとも思わないことも「かわいい!」と感じる場合もあるでしょう。

恋愛テクニックを駆使する前に、素の自分を見せることを意識するとよさそうです。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)

【LINE編】思わず「かわいい…」と思った女性からのメッセージ