彼との楽しかったデートも、もうすぐで終わり。

あなたが「楽しかった!またすぐに会いたいなあ」と思っているのであれば、彼にも同じ気持ちであってほしいですよね。

そこで今回は「デートの別れ際、男性に『また会いたい!』と思ってもらう方法」を紹介します。

デートの別れ際、男性に「また会いたい!」と思ってもらう方法3つ

「あっさり」を意識する

デートの最中には割とベタベタして甘えて見せ、いざ帰り際になった場合には、あっさりと「じゃあね!」と言える女性に男性は心惹かれます。

デートの間の甘えた感じはなんだったのだろうと、男性は悶々とするのです。

そのため、少し物足りない、もう少し一緒にいたかった、と感じてもらえるでしょう。

男性はそう感じることで「誘いたい」という本能が目覚め、その女性をまた誘ってくるはず。ギャップ萌えの一種と考えてください。

甘えるとあっさりのギャップを見せることが、帰り際のテクニックです。

喜びを素直に表現する

デートの帰り際に、「今日はとっても楽しかった。次も楽しみにしているね!」などと素直に言葉に表せる女性は魅力的です。

「次もデートしたいなあ」と男性に思わせることができるでしょう。

次を催促するわけでもなく、自分はまた会いたいという心を上手に表すことが大切です。

笑顔でさらっと、重くならないように伝えることがポイント。きっと彼はすぐにでも会いたくなるでしょう。

次への期待感を持たせる

次への期待感を持たせる

次のデートではどうなるんだろう……と感じさせることが、モテテクニックの一つ。

一回のデートですべてを見せないことで、「また会いたい!」と男性に感じてもらえるでしょう。

たとえば男性が軽いボディタッチをしてきたとします。その際、「だーめ。また今度ね」などとうまく焦らすのです。

次はなにが起こるのだろうと、男性は期待に胸が膨らむはず。

帰り際に「次のデートは楽しみだね!」などと、意味深な言葉を残してあっさり去ることがポイントです。

ミステリアスな一面を残して

帰り際はねっとりとした女性よりも、あっさりした女性の方が男性の気を惹きます。

次の約束を無理に取りつけるよりも、選択権を男性に委ねる女性の方が、モテ女性となる可能性が高いです。

しっかり楽しかったことをアピールしつつも、ほどよくミステリアスな一面を残すことができたら、男性も次のデートに誘ってくるのではないでしょうか。

(羽風天使/ライター)

(愛カツ編集部)