気になる彼にアプローチをしても、あまり反応してくれない……。

そんな状況が続くと、「私のことどう思ってるの?」「もしかして脈なし?」と心が折れてしまいそうですよね。

しかし、反応が薄くてもあなたに好意があるなら、どこかで「脈ありサイン」を出しているはず。

今回は、シャイな男性が出してる脈ありサインを紹介します。

反応は薄いけど…シャイな男性が出してる脈ありサイン3つ

話した内容を覚えている

「気になる相手との会話は忘れられない。好きな食べ物とかどこに行ったとか、話してくれたことは些細なことでもインプットされています」(26歳男性/プログラマー)

あなたがなにげなく話したことを彼がしっかり覚えていたら、それは脈ありサインです。

なんとも思っていない相手の情報は、記憶に残りにくいもの。

あなたとの会話は楽しいと思っている一方、「好きな気持ちを知られるのは恥ずかしい」という感情から、彼は「クールな俺」を演じている可能性があります。

話しているときに彼の反応が薄く、「私といてもつまらないのかな?」と感じたときは、以前話したことをもう一度話題にしてみるといいでしょう。

LINEやメールがよく続く

「おやすみ!とか、またね!とかは送らないようにして、LINEを続けています。一度LINEが終わってしまうと、自分からメッセージを送るタイミングがなくなるので。

なるべく返事が来そうなメッセージを送っています」(28歳男性/公務員)

あなたからのアプローチが嬉しくても、その気持ちを素直に出せないのが反応薄めの男性というもの。

会って話をしていてもあまり続かない、相手からは話しかけてくれない。

その場合、あなたとどんなLINEやメールをしているかをチェックしてみてください。

LINEのやりとりがずっと続いていたり、内容に「?」が多かったりすれば、脈ありのサインと言えます。

反応が薄めの男性も、LINEやメールでは自分を出せるようです。

目があったのにそらされる

目があったのにそらされる

「好きな子のことは、気付いたら目で追ってしまいます。ふいに相手と目が合ったら、反射的に目をそらしちゃいますね」(29歳男性/介護士)

反応薄めの男性と「よく目が合う!」と感じたら、それは脈ありサイン。

あなたに気付かれないように、あなたのことを目で追っているのです。

一方で、反応薄めの男性は、目が合うとどうしていいか分からないみたい。

目が合ったときは微笑みかけてみると、相手に自信を与えてあげることができるかも。

脈ありサインはじっくり見極めてよう

あなたに好意を持っていても、面と向かって話すときは、自分の気持ちに正直に行動できないのが反応薄め男性の特徴です。

反応薄め男性の脈ありサインは、じっくり観察して見極めることが大切です。

脈ありサインに気付いたら、あなたからさらにアプローチをかけましょう。

(愛カツ編集部)